--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月26日

新見千屋温泉から花見山へ。

下見の際にあんまり道が良くなくて、どうしようかと悩んでいた花見山(はなみやま・1188.0m)へ、NHK文化センター米子教室の「ゆっくり歩く登山教室」で行ってきました。

新見千屋温泉から花見山へ・その1
コースは結局、新見千屋温泉側の滝コースから登ることにしました。
スキー場左手の遊歩道を歩き、この標識のところから植林帯の急斜面に取り付きます。

新見千屋温泉から花見山へ・その2
植林帯の登りはこんな感じです。
かなりの急斜面で足場も悪く、休憩する場所もなくて40分あまりも頑張って、やっと稜線へと到達しました。
心配していた箇所を無事に歩き通すことができて一安心!です。

新見千屋温泉から花見山へ・その3
稜線に出たところからは少々ヤブっぽい自然林の中をアップダウンしつつ、頂上を目指します。
ダイセンミツバツツジが咲いて、心癒されるところです。

新見千屋温泉から花見山へ・その4
間もなくたどり着いた花見山の頂上。
午後から雨が降る予報でしたが比較的視界は良く、北東方向には大山(だいせん・1729m、写真左手の台形の山)、烏ヶ山(からすがせん・1448m、写真右手の尖った山)、さらに宝仏山(ほうぶつさん・1005m、烏ヶ山の右下の山)も望むことができました。

新見千屋温泉から花見山へ・その5
一方西には、大倉山(おおくらやま・1112m、中央の山)、鬼林山(きりんざん・1031m、右手の尖った山)の姿も。

新見千屋温泉から花見山へ・その6
さて下山は、ここまでとはうって変わって手入れの行き届いた道を、花見山スキー場方面へ下ります。

新見千屋温泉から花見山へ・その7
花見山スキー場では春はスイセンの花が人気ですが、5月も下旬ということでもうほとんど花は終わっていました。
本当はこのスイセンの花も見たかったのですが、台風1号の影響による豪雨のために、2週間延期しての実施になってしまい、少々残念なことになりました。
それでも思いのほか登り応えのあった山を、心配した雨に降られることもなく歩き通すことができて、受講生の皆さんには喜んでいただけたようでした。

2011年05月26日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。