--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月25日

初夏の岡山県立森林公園。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、岡山県立森林公園に行ってきました。

初夏の岡山県立森林公園・その1
岡山県と鳥取県の県境に位置するこの森林公園は、昭和50年に開園した自然公園です。
県境稜線部は歩きやすく刈り払いがされており、標高1000m前後の縦走をすることが可能。
稜線より下の平坦地は遊歩道が整備されていて、普通の観光客でも歩けるようになっています。
比婆山(ひばやま・1264m)のある、広島県民の森に似た雰囲気の場所です。

初夏の岡山県立森林公園・その2
この森林公園はあちこち歩くことができるのですが、まずはおたからこう湿原(まだ花は咲いていません)の脇を通って、もみじ滝へ。
水量の少ない優しい雰囲気の滝で、紅葉の時期は見事な景観が楽しめるのではないかと思いました。

初夏の岡山県立森林公園・その3
もみじ滝からは、左手に続く登山道へ。
新緑の美しい森林の中を登って行きます。

初夏の岡山県立森林公園・その4
急登をひと頑張りで、森林公園内最高峰であるきたけ峰(きたけみね・1108m)へ。
木立が多く、あまり展望は良くない頂上でした。

初夏の岡山県立森林公園・その5
きたけ峰より、いよいよ鳥取-岡山県境の稜線の縦走が始まります。
刈り払いのされた登山道脇には、ネマガリタケがたくさん!…目の毒ですね。。

初夏の岡山県立森林公園・その6
やがて次のピークである、千軒平(せんげんだいら・1090m)に到着。
こちらはきたけ峰と違って大変に展望良く、若杉山(わかすぎやま・1020.5m)や津黒山(つぐろせん・1117.8m)の姿を一望することができました。

初夏の岡山県立森林公園・その7
さらに稜線を進んで、もみじ平(もみじだいら・1059m)へ。
手入れの行き届いた、街の中の公園のような雰囲気でした。

初夏の岡山県立森林公園・その8
稜線上にはこんな面白い木も。
なぜかねじ曲がって伸びている、ブナの木です。

初夏の岡山県立森林公園・その9
そして県境三叉路より下山。
避難小屋もありますが狭く、中は人が横たわることもできないくらいのスペースしかありませんでした。

ミズバショウサンカヨウ
チゴユリアズマイチゲ
花の写真も少し。
左上がミズバショウ、右上がサンカヨウ。
いずれももう花は終わりに近い状態でした。
左下はチゴユリ、そして右下はアズマイチゲではないかと思います。

このコースの実施予定は来月の6月9日。
お花を見るには中途半端な時期ですが、美しい森林の中をじっくりと歩くことができればと思っています。

2011年05月25日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。