--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月23日

豊榮神社と船上山。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」で来月に登る予定の、大山火山外輪山の末端に位置する船上山(せんじょうさん・615.4m)に行ってきました。

豊榮神社・その1
船上山に向かう途中、まず足を運んだのが琴浦町の豊榮神社。
当初の計画には入れていなかったのですが、道の途中にあり、因幡伯耆国開運八社の一つとされている神社なので、立ち寄ってみようかと考えました。

豊榮神社・その2
水田の中にある素朴な神社ですが、不思議な御神木が立ち並ぶ、独特の雰囲気を持つ神社でした。
当日は時間を取って、ぜひ皆さんで参拝したいと思います。

船上山・その1
さて続いて、いよいよ船上山登山です。
コースは展望に優れた、正面登山道を選びました。

船上山・その2
ところでこの船上山では、約1ヶ月前に3年に1度の野焼きが行われたばかり。
炎に囲まれたのであろう松の木々が茶色くなっていて、随分と痛々しい様子でした。

船上山・その3
横手道に合流したところで左に進み、上部も正面登山道へ。
しかしこちらは傾斜が急で浮石も多く、大勢での登山にはちょっと不向きではないかと思われました。

船上山・その4
たどり着いた頂上からさらに進んで、神秘的な雰囲気の船上神社へ。

船上山・その5
さらに強烈な高度感で肝の冷える、千丈滝のぞき…

船上山・その6
そして頂上に戻って屏風岩の上から滝を望む、千丈のぞきにも立ってみて、状況を確認。

船上山・その7
頂上からは東坂を少し下って横手道に入り、屏風岩の下をずぅーっとトラバース。
今回は終日雨だったためか、途中の雌滝はいつもより水量が多い感じでした。

船上山・その8
雌滝の先の雄滝のさらにその先もトラバースして進んで、一枚岩渓谷も下見。
実は私は初めての場所なのですが、美しい渓相で沢登りにも良さそうな雰囲気でした。
なお雄滝からここまでの間は、登山道が倒木で覆われた箇所があり、通過はやや困難な状況でした。

船上山・その9
さらに歩いて、展望台より鱒返し滝を遠望。
一つ前の写真の一枚岩渓谷は、この滝の落口のすぐ向こうになります。

船上山・その10
鱒返し滝の展望台から車道に下りて、車へと戻りました。
今回下見した船上山は、小学生でも登る山として地元では認知されていますが、見どころがたくさんで全部回ったら5~6時間は要するものと思われます。
「山とパワースポット」当日には、今回の中から特に面白い、自然のパワーを受け取ることができるようなスポットをチョイスして、無理なく歩けるようにしたいと思っています。

ところで今回同行していただいたのは、森林プロデューサーの山中慎一朗さん。
昨年知床でお会いした方なのですが、現在はお仕事で日本各地の森林セラピスト基地を巡っているとのこと。
ちょうど山陰地方に足を運んでおられる最中で、前日は我が家にお泊まりいただき、仕事その他のことについて語り合ったのでした。
北海道での野外活動経験が豊富な山中さんですが、見どころが多くて自然豊かなこの船上山も気に入っていただけたようで、私もとても嬉しくなりました。

山中さんのブログ「森林プロデューサー山中慎一朗≫森林哲学≪」の同じ日の記録:
鳥取県大山山系の船上山を登山ガイドと歩くfrom森林プロデューサー

2011年05月23日 伯耆大山と周辺 コメント:2

お久しぶりです。

船上山は子供会のレクリエーションや、両親とのクリ拾いなど懐かしい思い出があります。
中学の遠足で学校からずっと歩いて行ったこともあります。
記憶にないけど豊栄神社の横も通ったのでしょうねぇ。

季節も良いし久しぶりに行ってみようかと思います。

2011年05月24日 オカン URL 編集

オカンさん、こんにちは。
船上は地元では本当に、子供のレクレーションの場ですよね。
でもブナ林がきれいで見所多く、今訪れてもとても楽しめると思います。
ぜひ歩いてみてくださいね。

2011年05月25日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。