--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月19日

天候に恵まれた西大台周回。

地元のお客様をご案内しての大台ヶ原2日目は、まずは大蛇と足を運びました。

天候に恵まれた西大台周回・その1
途中で通過した牛石ヶ原では、大きな神武天皇の銅像が立っていました。
昭和2年のものなのだそうです。

天候に恵まれた西大台周回・その2
牛石ヶ原から少し進むと、展望すぐれた大蛇の絶壁上へとたどり着きました。
写真中央やや上部の白い筋が、中ノ滝。
写真で見ると小さいですが、実物はなかなかの迫力でした。

天候に恵まれた西大台周回・その3
さて一旦大台山上駐車場へと引き返し、準備を整え直して今度は西大台へ。
大台教会左下の道を進み、係員の方に立入認定証を提示してゲートを潜りました。

天候に恵まれた西大台周回・その4
途中の沢筋には、バイケイソウの大群落が。
毒があるため鹿が食べないので、これほどまでの群落になったようです。

天候に恵まれた西大台周回・その5
遊歩道のような東大台とは異なった自然の山道を、気持ち良く歩いていきます。
ところで大台ヶ原は年間300日は雨が降るということで、覚悟はしてきたのですが、今回は天気が良くて雨の降る気配はまったくなし。
お客様も少々拍子抜け?だったようです。

天候に恵まれた西大台周回・その6
開拓跡の古い看板を見て(この西大台は、明治時代に開拓が試みられたのだそうです)、美しい小川のような流れとなっているワサビ谷のほとりで小休止。

天候に恵まれた西大台周回・その7
さらに進むと、小さな沼のある一角も。

天候に恵まれた西大台周回・その8
そして開拓分岐点へ。
今回の行程では、最も奥まった地点です。

天候に恵まれた西大台周回・その9
開拓分岐点からは、吊り橋を渡って山上駐車場方面へと引き返すことにしました。

天候に恵まれた西大台周回・その10
沢沿いの道を進み、さらに古い橋を渡って山上駐車場へ。
西大台は特筆すべきインパクトのある見どころ、というものには欠けますが、古い開拓の歴史と立入制限がされることによる静けさが魅力の、好ましい雰囲気の場所でした。
ところで今回は、我々は一度もシカに出会う場面はありませんでした。
前に訪れた時はたくさんのシカに出会ったのに何故??
まあシカが見れなかったのは残念ではありますが、懸念していた雨に降られることもなく無事に歩き通すことができて、充実した一日となりました。
この後は入之波温泉で汗を流し、米子への帰路へとつきました。

2011年05月19日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。