--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月17日

新緑美しい大山。

剣山(つるぎさん・1954.7m)に登った翌日、こんどは中国地方最高峰の大山(だいせん・1729m)を目指しました。

新緑美しい大山・その1
阿弥陀堂左奥の登山道に入ってしばらくは、階段が続いて辛いところ。
それでも冬が非常に長かった大山にもいよいよ本格的な春が訪れたようで、周囲のブナが一気に新芽を出して、美しい新緑が目に飛び込んできました。

新緑美しい大山・その2
心配していた残雪も六合目の上の2ヶ所のみ。
いずれもごく短い距離なので、特に問題なく通過することができました。

新緑美しい大山・その3
八合目を過ぎて山頂台地に入り、長く続く木道を進めば頂上はもうすぐそこです。

新緑美しい大山・その4
たどり着いた弥山(みせん・1709.4m)頂上。
記念撮影が終わった後も、添乗員の方は名残惜しそうに頂上の景色を撮影していました。

新緑美しい大山・その5
下山は行者コースから元谷へ。
春を待ち望んでいたかのように木々が芽吹きを始め、例年にないくらい残っている残雪とのコントラストがとても美しい色合いを醸しだしていました。
山陰で5回目の春を迎える私も、こんなに美しい元谷の新緑を見るのは初めてでした。

さてこの大山で、今回の仕事の登山はすべて終了。
バスで岡山空港に向かうお客様の見送って、久し振りにうさぎと猫の待つ家へと戻りました。

2011年05月17日 ガイド コメント:2

先日はA社のツアーでお世話になりました。
安直に深田・百名山のピークハンティングする不心得な者ですし、参加者中の最高齢(多分)でもあり、少々忸怩たるものを抱えながらの3山でした。
ですが、木元さんの適切なガイディングで自分なりのものは持ち帰れたかなと思っています。
私のブログではメッチャ褒めていますよ。
でもお世辞ではありません。
あの折、話題に乗せられた「山と渓谷」や「岳人」の記事も、帰京後早速拝見しました。
ツアー記事がブログにアップされるのを待っていましたが、ようやく拝見できました。
今、アチコチ拾い読みさせていただいてます。
これからも折にふれお邪魔します。

2011年05月22日 風花爺さん URL 編集

風花爺さん、こんにちは。
先日は4日間、どうもお疲れさまでした。
天候に恵まれて楽しい登山でしたね。
雑誌のほうもお目通しいただき、ありがとうございました。
ご自身のブログで大変なお褒めの言葉もいただき、とても照れくささもありますが、嬉しく思っております。
せっかくですので、ブログのほう、リンクを貼らせていただきたいと思います。
それではまた次回お目にかかれることを楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

2011年05月24日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。