--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2007年02月26日

(きのう)伯耆大山を登ってきました。

昨日は、この冬5回目となる伯耆大山登山に行ってきました。
ルートは夏道コース。
東京から遊びにきてくれた、Climbing Culb ZOOの安村夫妻と一緒でした。

大山夏道・その1
大山寺の集落の辺りから見上げた大山です。
左から右上に伸びるのが夏道コースで、登っている登山者が小さく写っています。

大山夏道・その2
夏道コースは3週間前にも登っているのですが、その頃に比べると下部の雪はかなり少なく、ほとんど地面が見えている状態でした。
三合目辺りからは積雪も増えて、雪山らしくなってきました。

大山夏道・その3
頂上大地に出て、山頂方面を見た写真です。
数日前、下から見上げた時にはほとんど雪が融けているように見えたのですが、その後降雪があったようで、少しは新雪が積もっていました。
しかしところどころ木道が露出しているので、実際の積雪はかなり少ないと考えてよいようです。

大山夏道・その4
今回の同行者、安村夫妻との弥山頂上での記念写真です。
ご主人の安村淳さんは、山のガイド・マウンテンゴリラを主宰する日本を代表する高所登山ガイド。
来月からはお客様2名を案内し、チベットのチョモランマ(8848m)に挑む予定で、その準備のために多忙な日々を送っているそうですが、わざわざ時間を割いて山陰まで遊びに来てくれたのでした。

大山夏道・その5
昨日は雲は多かったものの視界は良く、遠く島根半島までくっきりと見えていました。
チョモランマに比べるとはるかに小さい伯耆大山ですが、この展望は爽快なものだと思います。
「大山はほんとうに良い山だ。来て良かったよ。次は北壁を登りたいねー」
と、安村さんがしきりに大山を褒めてくれたので、嬉しくなってしまいました。

2007年02月26日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。