--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年05月21日

雨に脅かされた剣山。

NHK文化センター米子教室山とパワースポット」第2回目は、岡山県新見市の剣山(けんざん・962m)へ行ってきました。
(諸般の事情により、当初予定していた鳥取県日野町の宝仏山より変更させていただきました)

雨に脅かされた剣山・その1
出発後、まずは鳥取県日野町黒坂の瀧山公園へ。
目的は公園ではなく、奥に祀られる瀧山神社、および御神体である龍王滝への参拝です。
ところで今回、一ヶ月ぶりに受講生の皆さんと出会って驚いたのは、ちゃんと登山の格好になっている!ことでした。
前回はピクニックに出掛けるような服装の方も多く、行き帰りのバス車内で持参品その他の説明もさせていただいたのですが、どれだけ揃えられるかな?と心配していたのでした。
今回は皆さん軽登山靴を履かれていて、登山用ウェアを着用している方も多くてほっとしました。

雨に脅かされた剣山・その2
神社参拝後は、拝殿右奥にそびえる龍王滝へ。
落差約50mの鳥取県を代表する名瀑です。
実は怖い伝説もある滝なのですが、手前の杉の御神木ともなかなか荘厳であり、神秘的なエネルギーが感じ取れる場所でした。

雨に脅かされた剣山・その3
続いて瀧山公園を後にしてバスで明地トンネル新見市側出口に移動し、剣山登山口へ。
まずは準備体操です。

雨に脅かされた剣山・その4
コースは出だしは植林保守のコンクリート道なのですが、間もなく左にそれて、登山道へと入りました。

雨に脅かされた剣山・その5
植林を抜け、高圧鉄塔下を潜って尾根に出て、東屋の前を過ぎると間もなく頂上、あっという間に登ってしまった感じです。
けれども今日は午後から雨、昼過ぎには雷の予報も!
それを裏付けるような黒い雲も頭上に広がっていたため、休憩も短めでどんどん先に進むことにしました。

雨に脅かされた剣山・その6
剣山頂上からは東に急な階段を降りて、高梁川源流の小湿地帯を歩いて、新見市美しい森へ。
野外施設の一角をお借りして、昼食としました。

雨に脅かされた剣山・その7
昼食後は車道を歩いて、国道181号の通る峠田集落へ下山。
途中背後を振り返ると、登ってきた剣山がすっきりとした姿を見せていました。

雨に脅かされた剣山・その8
さてこの「山とパワースポット」は盛りだくさんの内容なので、下山してからも、もう一箇所移動です。
こんどは鳥取県西部の山村内にある一見ありふれた神社ながら、その名前によって全国的に知られている金持神社へ。
名前通り金運向上の御利益がある神社とのことですが、受講生の皆さんも御利益に恵まれて、どんどん山に足を運んでいただければと思いました。
ところで今回は結局心配していた雨には降られることがなく、雨具を着用することなく、全行程を終えることができました。
参加者の皆さん、お疲れさまでした!

2011年05月21日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。