--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年04月12日

花見山、龍王滝、金持神社。

NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、鳥取県日南町と岡山県新見市の境に立つ、中央中国山地の花見山(はなみやま・1188.0m)に行ってきました。

花見山・その1
スタートは日南町の花見山スキー場から。
例年だったらそろそろ、スキーコースに植えられたスイセンの花が見頃になるのでしょうが、今年は残雪が多くて花はまだほんの少し。
ところどころ残雪を踏んで歩く場面もありました。

花見山・その2
スキー場上端の「花見山探勝歩道入口」から登山道に入るのですが、やはり残雪上を歩く箇所が断続しました。

花見山・その3
やがて頂上へ。
遠くに薄っすらと大山(1729m)の姿が見えていました。

花見山・その4
一方西南西方向には大倉山(おおくらやま・1112m)の姿が。
良く目立つのですが、なぜか登られることが稀な山です。
近々様子を探りに行ってみたいと思いました。

花見山・その5
下山は、新見千屋温泉方面へ。

花見山・その6
新見千屋温泉側のコースは二つあり、今回は“千年の森コース”を選んだのですが、歩く人が少ないためかそれとも年末の豪雪による倒木のためか、でなければ残雪により我々がコースを見失っていたのかは判然としませんが、登山道ではない山肌を歩くことに。
ちょっと今のままでは受講生の皆さんをご案内できる状況ではないので、雪解けを待って再度下調べをしなければと思いました。

龍王滝
さて下山後は同行者と別れ、鳥取県日野町黒坂の滝山公園へ移動。
やはりNHK文化センター米子教室で実施する、「山とパワースポット」でご案内する龍王滝の下見でした。
なだらかな山肌の一角を流れ落ちる、落差約50mの神秘的な滝です。

金持神社
さらにもう一箇所、最近大人気のパワースポットである、鳥取県日野町の金持神社へ。
(“かねもちじんじゃ”ではなく“かもちじんじゃ”)
新しい登山教室が楽しく人気が出るよう、私も手を合せてお願いしてきました。

2011年04月12日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。