--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年04月07日

三徳山参拝。

ちょっと調べたいことがあり、鳥取県中部三朝町の三徳山に行ってきました。
三徳“山”とはいっても登山ではなく、お寺の参拝です。
でも参拝道は登山そのものと言ってよい、険しい道となっているお寺なのです。

三徳山参拝・その1
登り口は県道21沿いのこの階段から。
登ったところに受付所があり、参拝料400円を支払って先に進みます。

三徳山参拝・その2
参道にはいくつものお寺が並ぶのですが、最奥の三仏寺のさらに奥で入山手続きをして投入堂へ。
入山料は200円。
なお事故防止を理由として、単独での投入堂の参拝は禁止されています。
私は関東のほうからいらした、ご高齢のご夫妻に同行していただくことになりました。
さらにその奥様の靴が参拝には不向きとのことで、強制的に藁草履を購入、履き替えさせられていましたが、慣れないためでしょう、随分と歩きにくそうにされていました。

三徳山参拝・その3
参道序盤の難所・かずら坂。
とは言っても、登山に慣れたものならばどうということはない、木の根の浮いたただの道です。

三徳山参拝・その4
上部の難所・馬ノ背を過ぎて、最奥の投入堂に到着。
断崖絶壁に建てられた、国宝に指定されているお堂です。
なお道はここまでで、三徳山の頂上に立つことはできません。
(参道ではない反対側に、頂上に続く踏跡があるそうです)

三徳山参拝・その5
ところで面白いのが、参道途中にあるこの水琴窟。
この小さな不動明王にひしゃくで水をかけると、左隣の仏像から美しい音色が響き渡ります。
三徳山に参拝の際はぜひ試してみていただければ、きっと楽しいと思います。

2011年04月07日 パワースポット コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。