--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年03月23日

小雪の舞う銀山街道。

今後の仕事に備えて概要を熟知するため、世界遺産の石見銀山から銀の積み出し港である日本海に面した沖泊港まで続く、銀山街道温泉津沖泊道を歩いてきました。
今回、一番気がかりだったのが先の山陰豪雪による歩道への影響でした。
しかし2箇所に倒木があったものの、通行にはまったく支障なし。
道も概ね明瞭で、安心して歩くことができる状況でした。

けれども“モニュメントのない石見銀山”と言われる通り、この銀山街道も大きなポイントとなる見どころには欠けています…。
登山であれば、道中があんまり魅力がなくても“頂上”という絶対的な到達点があるため、それなりにガイディングの流れを持っていけるのですが、こういうウォーキングではどうするのが良いのかな?と頭を悩ますところです。。

小雪の舞う銀山街道
これは銀山街道温泉津沖泊道の中では最大の難所とされる、降路坂の茶屋跡。
昭和15年頃まで、ここに茶店が存在したとのこと。
そしてさらに昔には一つ目小僧が現れて、道行く人々を惑わせていた場所でもあるのだそうです。
今回ももしかしたら一つ目小僧が現れるかと、ちょっとだけ期待??
けれども小雪の舞う薄寒い空模様で辺りはし~んと静まり返り、かつて銀の運搬で大勢が歩いたことなどまったく感じられないような、物寂しい佇まいとなっていたのでした。

その他の写真は、以下のリンク先をご覧ください。

facebook写真ページへのリンク:
2011年3月24日 石見銀山・銀山街道温泉津沖泊道

2011年03月23日 その他の山々 コメント:2

こんちは、きもとさん。
いろいろ精力的にやってますねぇ。

2011年03月25日 カシワヤ URL 編集

カシワヤくんこんにちは。
おれは新しいことに取り組むのが好きだからね。
けっこう楽しいよ。

2011年03月25日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。