--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年03月20日

花粉に苦しめられた京羅木山。

3連休の中日ですが、諸般の事情で予定がすべてキャンセルとなり(今年はそういうのが多いです…)、まだ登っていない近場の山の様子を探りに行くことにしました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その1
行先は島根県の、東出雲町と広瀬町の境にそびえる京羅木山(きょうらぎさん・473.0m)。
低山ながら、安来市のほうから見るとなかなか格好の良い山です。
国道9号から東出雲町を南に進み、「おちらと村」という介護予防拠点施設の駐車場に車を止めて歩き始めました。
(“おちらと”とは“ゆっくり”という意味の出雲の方言なのだそうです)
登山道は写真左手の細い舗装路となっていて、すぐに分岐が現れるのですがここは左(金刀比羅神社方面)に進みました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その2
細い車道から間もなく左手の道標に従って古い参道を辿り、キャンプ場ともなっている富士ヶ瀬公園の敷地に一旦入って、車道右手の小道に向かうと、左手に神秘的な沼が現れてきました。
そして沼の先を見上げると、金刀比羅神社の石段が高く続いていました。
この神社は毛利元就が、尼子氏の富田城を攻める際に戦勝を願って、出雲大社の御分霊を鎮め祀ったのが始まりとのこと。
現在は農業、商業、海の守り神として信仰されています。
お参りの後、境内右手に続く小道からさらに京羅木山方面を目指します。

花粉に苦しめられた京羅木山・その3
急な山道をわずかに登ると、すぐに林道と合流。
この林道は何かの行事の際に造成されたらしく、頂上手前の急坂の手前まで続いています。
現在は車両通行止めなので事実上は登山道なのですが、少々味気ない感じではあります。
道の脇には南の能義郡から、金刀比羅神社へお参りする際の目印とされた、一丁地蔵が所々に残っていました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その4
こんな感じで尾根上の林道をどんどん歩いて行きます。
味気ないですが歩きやすくはありました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その5
林道(登山道)を登る途中、右手に「山伏の塚」を示す道標があったので足を運んでみました。
この京羅木山は平安時代には真言密教の聖地であり、この塚はかつて山伏の斎場だったのだそうです。
護摩壇らしい遺跡もあるということなのですが、私では知識が不足しているためでしょう、どれがそうなのかは今ひとつ判然としませんでした。
なおこの塚に入るための小道は、途中大きな崩落地帯を横切ることになるため、一般の方の通過はお勧めできない状態でした。

花粉に苦しめられた京羅木山・その6
さて小道を戻ってさらに登ると林道部分も間もなく終わり、いよいよ頂上直下の急坂です。

花粉に苦しめられた京羅木山・その7
辿り着いた、京羅木山頂上。
立派な平和観音像が安置されていました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その8
北側を見ると、大きな中海の湖面を望むことができました。
東よりには大山の姿も見ることができたのですが、薄ぼんやりとしていて、残念ながら写真はちょっと無理。
ここでパラパラと雨が降り出してきたので、あわてて雨具を着用。
雨具を着るのは昨年秋以来で、久し振りのことです。

花粉に苦しめられた京羅木山・その9
やたらとお手洗いの多い頂上裏手を過ぎて、稜線をさらに西に進んで茶屋跡の分岐へ。
本当はこのまま稜線を辿り、星上山(ほしかみやま・458m)まで行きたかったのですが…何と花粉症が悪化してきて鼻水とくしゃみが止まらなくなってしまい、大変なことに!
この近辺は雑木林に混じって竹、そして杉、桧の植林地帯が点在しており、それらから黄色い花粉が飛び散りまくっていたのでした。
私は2005年に花粉症が発症したものの、症状が軽い状態で推移したため油断していたのですが、これだけまともに吸い込んだらやっぱりただでは済みませんでした。
無理をせず今回は、ここから下山することにしました。

花粉に苦しめられた京羅木山・その10
下山したところは上意東の集落、いかにも日本の山村といった景色が広がる好ましいところでした。

花粉に苦しめられた京羅木山・その11
さてこれは今回歩いたコースの、GPSの軌跡をカシミール上に表示させたものです。
私の使っている旧式GPSでは電波を拾う能力が今ひとつで、途切れ途切れになってしまっています。
それでも京羅木山の登山道は地形図には示されていないので、多少は参考になるかな?と思い載せてみました。

2011年03月20日 その他の山々 コメント:6

 初めてコメントします。いつも楽しく拝見しています。この縦走路。6月の竹の新緑?の時期が最高にイイですよ。筍の戦利品が有るかも。私は広瀬から入り、星上山の仁王門に下山するコースが好きです。
 そうそう、6月は茗荷の新芽も食べごろ~

2011年03月21日 jun URL 編集

junさん、こんにちは。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!
お勧めの広瀬から星上山へのコース、6月にぜひ行ってみます。
あれだけ竹ヤブがあれば、筍もとれるかもしれませんね。
足元にも注意しつつ歩きます。
アドバイスありがとうございました。

2011年03月21日 きもと URL 編集

おちらと村の売店で登山コースの地図をもらいました。
それを見ながらたどったのがこのコースです。
昨年はクモの巣と長虫にたたられて回れ右をしましたが、オカン的には好きなコースです。
暖かく(虫が活発になる前)なったら行きたいなぁ~。
木元さんは花粉症なんですね。お大事になさいませ。
そういうオカンも目がカピカピします。

2011年03月21日 オカン URL 編集

オカンさん、こんにちは。
確かに標高が低い山なので、虫の時期は怖いことになりそうですね~。
桜の時期も良さそうですし、上記JUNさんお勧めの6月頃も良さそうですね。
機会があればご一緒しましょう。
花粉症はあんまり大したことなかったのですが、年々ひどくなってくるようです。
これからは気をつけたいと思います。

2011年03月21日 きもと URL 編集

きもとさん、こんにちは。
辛い季節の到来です。くしゃみ、鼻水もさることながら、kinkachoは目がかゆい!目玉を外して洗いたい気分です。
これから5月中は続くこの辛さ、我慢して乗り切りましょう。

2011年03月23日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
kinkachoさんも花粉には苦しめられているのですね!
私はとりあえずは、最悪の状況は脱しました。
これ以上悪化させないよう、対策を講じたいと思います。

2011年03月23日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。