--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年02月20日

大山北壁・弥山西稜~縦走。

本来はこの週末は、日本山岳協会関係の行事に出席する予定でした。
しかし諸般の事情により、少し前に中止が決定。
それならば泊りがけで縦走に出かけようかとも思ったのですが、ちょっと取り組むべきことができたため、そちらも中止。
結局日帰りで手っ取り早く登れる、大山北壁に向かうことになりました。

弥山西稜~縦走・その1
ルートは弥山西稜。
大山北壁の中では、最もポピュラーなルートと言って良いでしょう。
登攀ラインは大体赤線で示したようなところです。
年末からの大雪も落ち着き、雪は締まってきていて、壁についている雪の量は、決してそんなに多いとは言えないくらいにまでなってきていました。
さらに大雪崩の危険性も指摘されていたのですが、ぱっと見渡したところ、デブリの形跡もなし。
少し遅めの出発だったのですが、特に不安もなく、弥山沢を歩いて取り付きまで向かいました。

弥山西稜~縦走・その2
さて取り付きでギア類にアイゼンを身に付けて、登攀開始です。
尾根末端は右から巻いて稜上に上がるのですが、締まった安定した雪で、ゴチャゴチャしたブッシュのところもまとめて巻くことができ、非常に楽チンです。
さらに3年前の1月は、不安定な新雪に隠れた、これまた不安定なアンサウンドロックをだましだまし登ったミニ岩稜も、すぐ左手の安定した雪壁より問題なく通過。
私はこの弥山西稜を登るのはこれが3回目なのですが、今回はかつてないくらいのベストコンディションのようです。

弥山西稜~縦走・その3
一旦緩傾斜となって、次の核心とも言える急な草付斜面から岩稜となる箇所も一気に突破!

弥山西稜~縦走・その4
少し雪稜を登って、正面をブッシュに遮られて右の斜面に抜け、これを右上トラバースする箇所も、快適に登っていきます。

弥山西稜~縦走・その5
ビレイ中に右手を見ると、別山バットレス中央稜を登ったパーティが、別山頂稜のナイフリッジを通過中でした。
背後には島根半島、弓浜半島、そして日本海の海原が広がっていて、なかなかの絶景です。

弥山西稜~縦走・その6
さて我々はその後は、ロープを目一杯延ばしたタイトロープ状態で上部緩傾斜部分を登りつめ、弥山の三角点のあるピークへ到達。
取り付きからここまで、2時間10分で登ることができました。

弥山西稜~縦走・その7
少し場所を移動して、一般的な弥山の頂上へ。
何と私は、弥山の頂上に立つのはこれが今年初めて!だったのでした。

弥山西稜~縦走・その8
弥山頂上から見た、剣ヶ峰方面。
十分な量の積雪があり、雪質も安定しているため、今回は縦走して剣ヶ峰回りで下山することにしました。

弥山西稜~縦走・その9
弥山頂上でたまたま一緒になった、同行者の知人の方も加わって、3人で縦走路を通過。

弥山西稜~縦走・その10
雪稜上の小突起となっている剣ヶ峰を過ぎて、天狗ヶ峰付近を下っているところ。
雪面にクラックが入ってきていて、要注意です。

弥山西稜~縦走・その11
主稜線からの下りは、ユートピアまでは向かわず、宝珠尾根最上部からのラインを選びました。
上部の傾斜が強いので、要注意のところです。

弥山西稜~縦走・その12
さらに上宝珠越からは、元谷へ向かう急斜面を下降。
その後は腐った雪に足をとられつつも、問題なく大山寺まで下山。
今回は久し振りの大山北壁登攀と弥山~剣ヶ峰縦走で、大変に充実した一日となりました。

関連エントリー:
伯耆大山北壁・弥山尾根西稜に行ってきました。 (2007年02月13日)
大山北壁・弥山尾根西稜に行ってきました。 (2008年01月19日)

2011年02月20日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。