--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年02月05日

江戸川区内の富士塚巡り。

本社ヶ丸に登った翌日は、本当は奥多摩でクライミングをする予定にしていました。
しかし同行予定者が仕事が入ったり、体調を崩したりでキャンセルに。
一人でどこかに歩きに行こうかとも考えましたが、東京滞在も10日目となり、あちこち動きまわって私も少々疲労気味であったため、無理をせず宿泊している実家近くの散策に、軽~く出掛けることにしました。

逆井富士・その1
散策のテーマは、“富士塚”です。
富士塚とは富士山を信仰する人々によって築いた人工の富士山で、江戸時代から昭和にかけて、関東周辺を中心に100以上も造られています。
自宅のある江戸川区には特に多く、「富士塚銀座」と呼ぶ人もいるくらいとのこと。
早速手始めに、私が二十歳の頃からしばしば訪れている逆井富士(東京都江戸川区区平井3-1)に足を運びました。
JR総武線の平井駅から少し歩いた、旧中川に近い車道上にひっそりと立つ富士塚です。

逆井富士・その2
小振りなその富士山の山頂には、奥宮が祀られていました。
旧中川はすぐ間近なのですが、裏手には大きな駐車場があるため、流れを見渡すことはできませんでした。
その代わり…

逆井富士・その3
北側遠くには、巨大な東京スカイツリーの姿を望むことができました!
これまであんまり意識したことのなかったスカイツリーですが、建造も進んできたためでしょう、今回の上京中ではあちこちでその姿が目に飛び込んできました。

下鎌田富士・その1
さて次は場所を大きく移動し、都営新宿線の瑞江駅から南に歩いた、豊田神社(東京都江戸川区東瑞江2-5-3)へ。
広いながらも人けのない境内の裏手に回りこむと、下鎌田富士が聳えていました。
しかし…背後にはすぐ間近にマンションが立っていて、神社の境内がひっそりとしている割には非常に人臭い環境に立つ富士塚です。

下鎌田富士・その2
頂上は細長く、俵の上に動物が伏せをしている石像が安置されていました。
ちょっと不思議な、興味深いところです。
けれども頂上に立つと背後のマンションのベランダが目と鼻の先で、しかも下着が干してあったりします。
長居をしていると変質者と間違われそうなので、早々に下山しました。

下鎌田富士・その3
この富士塚のマンションに面した側には、コンクリートで固めた大沢崩れを模した急斜面が作られていました。
何だか微笑ましい感じでした。

今井富士・その1
さて場所を移動して、こんどは香取神社(東京都江戸川区江戸川3-44-8)の境内に立つ、今井富士へ。
場所がなかなか判らず、住宅地をすり抜けて裏手の路地から神社の境内に入り、富士塚の方に回り込みました。

今井富士・その2
この富士塚も住宅に取り囲まれているのですが、回りは静かな雰囲気で、安心して頂上に立つことができました。
頂上には奥宮があり、左右に突き出た大きな岩が印象的です。

今井富士・その3
さらにこの富士塚で特徴的なのが、奥宮左下の斜面に取り付けられた亀岩。
緻密な亀の甲羅です。
何かを固定していたような穴があるので、かつては亀の頭が取り付けられていたのでしょう。

長島富士・その1
さてその次は、徒歩で場所を大きく移動。
まずは瑞穂大橋を通過して新中川を渡り、続けて旧江戸川の右岸沿いの車道を辿って下流方向へ向かいます。
中洲状になった妙見島に差し掛かる辺りで右手の住宅街に入り込み、またまた香取神社(東京都江戸川区東葛西2-34-20)という名前の神社の境内へ入ると、一番奥に長島富士が立っていました。
これまで見てきた富士塚よりは、ちょっとだけ大きな感じです。

長島富士・その2
頂上には、浅間神社の石碑が立てられていました。
展望はこれまでにないくらい良く、隣接する長善寺の墓地と周辺の住宅街も見渡すことができました。

長島富士・その3
富士塚というと、狭い場所に無理やり立てられている小振りのものも少なくないのですが、この長島富士はゆったりとしていて、中腹を一周するお中道も、普通に立って回ることができました。

桑川富士・その1
さてさらに、上の長島富士からもそんなに遠くない、桑川神社(東京都江戸川区1-23-19)の奥に鎮座する桑川富士へ。
境内の左隅の少ないスペースに収まっている、小振りの富士山です。

桑川富士・その2
頂上には先程の長島富士と同様に、浅間神社の碑が立てられていました。
この桑川富士と長島富士は、実は同じ「山玉参拝講」という富士講(富士山を信仰する庶民の集まり)によって造られたものなのだそうです。

ということで、本当はこの後は天祖神社(東京都江戸川区東葛西7-17)の中割富士にも足を運びたかったのですが時間切れ、またの機会となりました。
それにしても富士塚はいろいろ回るとそれぞれの特徴があり、なおかつ一定の様式を備えていて、比較しながら見るとなかなか楽しいものです。
今後も東京に出てくる用事は少なくないので、空いた時間を利用してまた他の富士塚も歩いてみたいと思いました。

なお、今回山行にしたのは講談社新書の『ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド』という本です。
文章がちょっとこなれておらず、読んでいて肩が凝るところがありますが、富士塚に関して解りやすく書かれた良い本だと思います。
富士塚について網羅的に取り上げている訳ではなく、著者が選んだ特に面白い36基がピックアップされているのですが、その分掘り下げが深くなっているとも言えるでしょう。
富士塚に興味のある方にはは、お勧めの一冊です。

Amazonへのリンク:
ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド (講談社プラスアルファ新書)

参考リンク:
芙蓉庵 [有坂蓉子] の【富士塚日記】

関連エントリー:
東京の富士塚巡り。 (2008年02月25日)
東京の富士塚巡り(続き)。 (2008年02月26日)
東京―米子間の交通手段と品川富士。 (2008年12月04日)

2011年02月05日 その他の山々 コメント:4

こんばんはです。うちの会社のご近所さんになる品川神社にも富士塚があります。初詣でお参りに行ったとき登ってきました。前後をお年寄りに挟まれて登る急勾配な石段はなかなか登攀し甲斐のある難所でした。崖の上に富士山があるので、見晴らしがよかったです。

2011年02月07日 vje-d URL 編集

vje-dくん、こんばんは。
品川富士も良い富士塚だね。
あそこで初詣をするのか…神社だからね。
頂上からの見晴らしも良かったな。
夜に登って、品川の夜景を見たらきれいかもしれないね。
(夜に登ったら怒られるかな?)

2011年02月07日 きもと URL 編集

こんばんわ。
>>あそこで初詣~
すみません、少し言葉をはしょってしましました。私の初詣は毎年池上本門寺に行っております。品川神社は昨年会社が越してきたこともあり、ご挨拶をかねて本門寺の初詣の後に足を伸ばして立ち寄りました。

2011年02月09日 vje-d URL 編集

vje-dくん、こんばんは。
初詣は池上本門寺か。
立派なお寺だね。
おれは初詣は出雲大社だ。
年始は山で忙しいので、行ったり行かなかったりだけどね。
ちなみに今年は大雪の影響で、初詣には出掛けられなかったよ。

2011年02月10日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。