--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年01月25日

和気アルプスのチンネ・スラブルートから竜王山。

相変わらず雪降りの続く米子ですが、先日に引き続き地元のお客様を、晴れ渡った天候の続く山陽は岡山の低山にご案内してきました。

チンネ・スラブルートから竜王山・その1
エリアはまたまた和気アルプス。
今回の参加者の皆さんは、最もポピュラーな和気富士から神ノ上山のコースは既に歩いているので、レベルアップして岩場の出てくる、チンネ・スラブルートから竜王山をつなぐコースを辿りました。
写真は山麓の由加神社からのアプローチの途中から見上げた、コースの様子。
左手の大きな岩がクライミングエリアである白岩様(鷲ノ巣岩)で、右側の下部が幅広く、上部が狭まっている岩場がチンネ・スラブルートです。

チンネ・スラブルートから竜王山・その2
和気中学校から墓地の脇を通る山道に入り、山の学校手前の分岐を右に入って、沢筋から見落としやすい目印を辿ってチンネ・スラブルートへ。
白岩様基部に向かう途中の右上にのびる岩場が取り付きとなります。

チンネ・スラブルートから竜王山・その3
チンネ・スラブルートの下半は“110mスラブ”と名付けられている、平均傾斜35度程度の岩場。
遠目で見るとのっぺりとした一枚岩ですが、実際は階段状になっていて、慎重に足場を探しながら進めば、特に問題なく登っていくことができます。

チンネ・スラブルートから竜王山・その4
続けてチンネの通過。
威圧的な岩峰ですが、傾斜の強い箇所は左右からかわすように登っていきます。
まず左手から右上の隙間に上がり、そこからスタンスの乏しい段差を腕力で登って、その先は右手バンド状を慎重に通過。
ややライン取りが複雑ですが、易しい岩場コースで、緊張感を持って進めば楽しんで登れるところです。

チンネ・スラブルートから竜王山・その5
チンネを通過した後は樹林に入り、間もなく山の学校から続く一般道に合流。
右手に進んで、和気アルプス最高峰の神ノ上山の頂上に向かいました。
北側の展望が広がっている山頂ですが、中国山地方面は厚い雲に覆われていました。

チンネ・スラブルートから竜王山・その6
昼食後は登ってきた道をしばらく引き返し、分岐を右に向かって涸沢峰へ。
前方にはこれから辿る竜王山が聳えていました。
左手が竜王山、右手のやや低いピークが小竜王です。

チンネ・スラブルートから竜王山・その7
涸沢峰と竜王山のコル辺りまで来ると、左下に独特の色合いの室堂池が間近に望めました。

チンネ・スラブルートから竜王山・その8
竜王山の頂上は樹林に囲まれ、展望はありません。
三角点の少し奥に祀られた祠には、白蛇の小像が安置されていました。

チンネ・スラブルートから竜王山・その9
続けて小竜王を越え、最後のピークである幻のピークへ。
麓の街並みが間近に迫る中に下っていくようで、面白いところです。
この後は猪・鹿避け柵を3回潜って、出発地点である由加神社へ下山。
山陰には少ない展望の良い岩場歩きコースを楽しめた、お客様にも喜んでいただけた一日となりました。

2011年01月25日 ガイド コメント:5

きもとさん、こんにちは。
山友達の一人が岡山の実家へ戻ることが本決まりになりました。
そこで、今年は是非一度岡山の山へ遠征しようと思っています。友達に会いに行くついでにハイキングな気分なので、この山はなかなかよさげです。
きもとさんのブログで紹介された岡山の山を狙っています。

2011年01月31日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
岡山の山は、里山ハイキングとしてはなかなか面白いですよ。
特にこの和気アルプスはお勧めです。
足を運んでみてくださいね。

2011年01月31日 きもと URL 編集

はじめまして。
「シズの山と山野草」の管理人です。
今月2度も訪問頂きありがとうございます。
 私も大山大好きで良く登りました。最近は年で回数も減りましたが。
 登山ガイドとのこと大変な仕事ですね。 昨年6月11日山頂でお会いしたような気もしますが、違っていたらお許しください。 すごい雪で登山者の事故がないことを願っています。これからもよろしくお願いします。

2011年01月31日 シズ URL 編集

シズさん、こんにちは。
2日ばかり山に出掛けており、お返事遅れてすみません。
ブログ、拝見させていただきました。
写真が綺麗で、見やすいブログですね!
昨年6月11日ですが、私が立った山頂は剣ヶ峰であり、知人のパーティしか出会わなかったので、お会いしていないと思います。。
でも大山に来られるようでしたら、またお会いすることもあるかもしれませんね。
それとせっかくですので、ブログのほうにリンクさせてください。
今後ともよろしくお願いします。

2011年02月03日 きもと URL 編集

 今晩は。
 日本山岳協会のガイドをやられているのですか。すごいし大変ですね。
若い人は登るスピードが違いますよね。
 リンクの件有難うございます。ただ、最近の私のブログは山野草が主となっていますのでご承知下さい。雪が多く山にはしばらく近づけそうにもありません。ネタ不足です。
            以 上
 

2011年02月04日 シズ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。