--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年01月23日

雪の蒜山三座縦走(2日目)。

フングリ乢付近で一夜を明かした翌朝は、まだ暗いうちにヘッドランプを灯しての出発としました。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その1
それでも歩き始めて15分もしないうちに、ヘッドランプなしでも問題ないくらい明るくなってきました。
夜の間は風もなく、快適に過ごすことができました。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その2
さて前方下蒜山(しもひるぜん・1100.3m)方向を見ると、尾根には大きく雪庇が張り出していました。
何やら険悪な感じです。。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その3
少し登って振り返ると、昨日頂上に立った中蒜山(なかひるぜん・1123.3m)が大きく聳え立っていました。
思わずカメラを取り出して、写真をパチリ!

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その4
雪庇踏み抜きに注意しつつ、小さいギャップが生じていて意外と歩きにくい尾根をどんどん登っていきます。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その5
ひと登りしたところで行く手を見上げると、さらに険悪な表情の雪庇が!
しかし視界もあり、降雪から数日が経ってある程度締まった雪質なので、歩くラインさえ気を配ればそんなに危険はなく通過できる状況でした。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その6
ということで、やっと今回の最終ピークである下蒜山頂上に到着です。
ビバーク地からここまでは、ちょうど2時間半の所要時間でした。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その7
さて問題は、この下蒜山からの下降です。
急斜面を辿る箇所があるので要注意!
ちなみにこの写真右手に下るのは枝尾根で、下山口である犬挟峠へは向こう側に下ることになります。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その8
結局急斜面の箇所は、北側樹林帯に入り込んで、不安定な雪面をかわすように通過。
下から見上げると登山道のある辺りの雪面にはクラックが走っていたため、我々の選んだライン取りは正解でした。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その9
さらに下って、雲居平の辺りでも尾根の左右には、大きなクラックや雪崩跡が点在していました。
やはり今回の積雪は急激な短時間の降雪によるものだったため、笹の斜面などでは雪を支えきれずに、どんどんと流れてしまっているのでしょう。

雪の蒜山三座縦走(2日目)・その10
ところで今回の我々は、車を道の駅蒜山高原にデポしているため、下山後もまだまだ歩く必要があるのでした。
しかし犬挟峠近くまで下りると、スノーシューで周辺を歩いておられる、お一人の女性がいたのです。
何とはなしに声をかけて山に関する世間話などすると、何と道の駅蒜山高原まで我々を送って下さるとのこと。
お言葉に甘えてその方の車に乗せていただき、車道を歩くことなくデポした車まで戻ることができたのでした。
大雪でかなりの困難を予想した蒜山三座縦走を無事こなし、懸念材料だった下山後の車道歩きもカットすることができて、久し振りに充実した登山を、気持ち良く締めくくることができました。

2011年01月23日 伯耆大山と周辺 コメント:3

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011年01月24日 編集

きもとさん、こんにちは。
雪庇の写真を見て「うひゃひゃ~」となってしまいました。
去年、雪庇の踏み抜き事故を目の前で見たので、雪庇という言葉に異常反応してしまいます。

2011年01月25日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、おはようございます。
雪庇、確かに神経を使いますね。
今回も歩くラインには気を配りました。

2011年01月26日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。