--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2011年01月22日

雪の蒜山三座縦走(1日目)。

この冬は冬型の気圧配置が決まり、冬らしい気温の低い日が続いています。
各地山岳の沢筋では近年稀なくらい氷が発達しており、Climbing Club ZOOの仲間をはじめ多くのクライマーはアイスクライミングをするべく、毎週あちこちの氷瀑に通っているようです。
しかし残念なことに、中国地方でアイスクライミングができるのは先月登った、大山北壁の天狗沢のみ。
しかもこの沢は雪崩の危険性が高い位置にあり、山陰地方の年末からの豪雪の状況では、もはや近付くことはできません。
という訳で、豪雪で雪が多いのならば雪の山にしようということになり、予定の空いた週末の二日間で蒜山三座の縦走へと向かいました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その1
岡山在住の岳獅会の仲間と合流し、車1台を道の駅蒜山高原にデポ。
もう1台で上蒜山スキー場へ向かい、そこから登山スタートとしました。
本当は犬挟峠に1台デポしたかったのですが、除雪と駐車スペースの状況に不安があり、間違いのない道の駅に停めることにしました。
スキー場から先は、ほぼ無雪期の道沿いに牧場の間を縫って、上蒜山(かみひるぜん・1202m)登山口を目指しました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その2
ところが牧場を過ぎていよいよ登りになる樹林の入り口まで来ると、しっかりとしたトレースが上に続いていました。
足跡から判断すると、2~3日前のものでしょうか?
今回は先が長いこともあり、無理せずそのトレースを利用させていただくことに。
トレースは傾斜の強い部分をかわすためでしょう、登山道のある尾根よりも右手(一つ東より)の尾根に向かっています。
それを辿って樹林を抜けると上部には、上蒜山頂上に続く尾根筋が、雪庇を張り出している様子が見てとれました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その3
標高約950mの地点で、辿ってきたトレースも登山道のある尾根に合流です。
この付近まで来ると風と雪にかき消されてしまったようで、トレースはほぼわからない状況となりました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その4
さて登山道と合流してからは右手雪庇に気を配りながら、アップダウンを繰り返しつつも、どんどんと高度をかせいでいきます。
しかし遠目には解らない小さな雪のギャップが連続し、なかなかペースははかどりません。
けれども雪の量は思ったほどでもなく、スノーシューを履いた状態で深く潜っても膝くらいまで。
ラッセルとしては楽なほうでしょう。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その5
最後は樹林の中をもがくようにして上蒜山頂上に到着。
無雪期同様、木立に囲まれたあまり展望のない頂上です。
(恥ずかしながらレンズに雪がついていたようで、頂上でのお見せできるような写真はありません)
そこからは東に進路を変えて下降していくのですが、左に右にと、迷いやすい尾根が分岐しているため、地図とコンパスを駆使して慎重に進路を探りながら進んでいきます。
二重雪庇となっている箇所もあり、ルートファインディングには要注意です。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その6
ある程度下ると樹林が途切れて展望が開け、あとは迷うことなく前方に聳える中蒜山(なかひるぜん・1123.3m)を目指しました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その7
上蒜山と中蒜山の最低コルを通過中の様子。
雄大な雪山といった雰囲気で、中国山地とは思えない感じです。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その8
大きな雪面から樹林を少し登り、今回の縦走コースの中間地点である中蒜山頂上へ。
背後には先ほど越えてきた上蒜山が、思いのほか大きな姿で聳えていました。

雪の蒜山三座縦走(1日目)・その9
さて本来は中蒜山の避難小屋への宿泊を予定していたのですが、今回は豪雪のためにそこまで辿り着けない可能性も想定し、ビバーク装備一式を携えていきました。
ところが予想よりも早く中蒜山に到着できたため、せっかくビバーク装備もあるのだし、もう少し進もうということになりました。
ということで中蒜山より下蒜山(しもひるぜん・1100.3m)方面に向けて、どんどんと下降。
中蒜山と下蒜山との最低コル(フングリ乢付近)まで進み、風をよけられる植林帯の片隅でビバークに入りました。

2011年01月22日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。