--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2007年02月16日

早くも雪解けの伯耆大山。

今日の(も?)米子は、真冬とは思えない穏やかな天候の一日でした。
しかし穏やかであるということは、過ごし易くはあるのですが、困ったこともいろいろと発生します。
今日は外に出て大山を見た時、びっくりしてしまいました。

今日の大山・その1
妙に黒っぽいところが目立つ、今日の大山です。

今日の大山・その2
目を凝らすと、斜面のところどころの雪が溶けて、地肌が見えています。
おとといの、山陰で3年振りとなる春一番の時に、暖かい風が吹いて溶けてしまったのでしょうか?

今日の大山・その3
三鈷峰は西壁ルンゼの辺りに、わずかに雪が残っているのみ。
仲間と3月に北稜に行こうという話しも出ているのですが、こんな状態では無理かも知れません。

今日の大山・その4
大山の西面側も、山頂台地近くまで地肌が見えています。
時間のあるときに、大ノ沢方面から登りに行こうとも妻と話していたのですが、それもちょっと無理そうです。

私は山陰で冬を過ごすのは初めてなのですが、こちらの山仲間に聞いても2月でこんなに雪が少ないことは、初めてだそうです。
今年は雪山にはそろそろ見切りをつけて、早めの沢登りやフリークライミングなどに、気持ちを切り替えていった方が良いのかも知れません。

2007年02月16日 今日の大山 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。