--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年12月23日

和気アルプスで陽だまりハイキング。

次第に冬の気配が濃くなってきている山陰地方ですが、暖かな陽だまりを求めるべく、お客様をご案内して岡山県の和気アルプスに出掛けてきました。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その1
由加神社に車を停めて、金剛川沿いの車道から見上げた和気富士(わけふじ・172.8m)。
左手に回りこんだ、和気の街並みの中から小さな最上稲荷の鳥居を潜って、登っていくことになります。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その2
急坂をひと頑張りで、アンテナの林立する和気富士頂上へ。
北曽根城というお城の城跡でもある場所です。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その3
少し歩くと、展望の良い場所へ。
眼下には吉井側の流れ、向こうに見える小山はイモリ岩(いもりいわ・189.8m)です。
ごく低山ながらも、堂々とした山容です。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その4
和気富士から今回目指す神ノ上山(こうのうえやま・370.3m)に向かう縦走コース上には、いくつものピークがあるのですが、これは前半に越える観音山頂上の様子。
並んでいるレンガ積みは、「和」の字の文字焼きの際に使用される、たいまつ立てです。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その5
アップダウンを繰り返し、前ノ峰、間ノ峰を過ぎて穂高山へ続く稜線へ。
なだらかな岩尾根となって、コース中、もっとも爽快感のある区間です。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その6
岩尾根部分を通過して、雑木林の中を辿って辿り着いた、和気アルプス最高峰の神ノ上山頂上。
周囲はやや広めの平坦地となっており、ここで昼食としました。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その7
下山路は鷲ノ巣と呼ばれている、“白岩様”の南端を通るコースへ。
上部から中間部にかけては傾斜は緩いものの岩壁の下りとなり、緊張感漂うコースです。
祝日ということもあり、左手に見える岩場では、数人のクライマーがトレーニングの真っ最中でした。

和気アルプスで陽だまりハイキング・その8
白岩様の基部を横切って、110mスラブ取り付きを下っているところ。
今回のお客様は高いのは苦手とのことでしたが、岩場の下りではテンションが高く、下山してからはとても良い思い出になったと声をかけてくださいました。
どうやら岩場というものは、クライマーでない人であっても、登山者を興奮させる何かを持っているようだと、そんな気がした一日となりました。

注 これまで“鷲ノ巣岩”と呼ばれていた岩体は、地元では古くから“白岩様”と
   名付けられていたとのこと。
   以下のリンク先に詳細が記載されていますので、ぜひご覧ください。


関連リンク:
岡山のロックガーデン 和気アルプスのホームページ

2010年12月23日 ガイド コメント:2

和気富士懐かしいです。
低山ですが、眺めがいいですよね!

大嶽

2010年12月27日 大嶽 URL 編集

大嶽さん、おはようございます。
和気富士は小さな山ですが、展望の良い山ですね。
和気町というのは、北に和気アルプス、南に熊山とハイキングコースに恵まれた、とても良い町と思います。

2010年12月28日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。