--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年12月21日

急いで登った雨乞山。

地元米子市のお客様をご案内して、岡山県湯原温泉の裏手に聳える、雨乞山(あまごいせん・889.3m)に登ってきました。
本当は岡山県南西部の鷲峰山(じゅうぶさん・399m)から高山(たかやま・385m)をつなぐコースをご案内する予定だったのですが、午後からは瀬戸内でも雨との予報だったため、近場の雨が降る前に急いで登り切ってしまえる山に変更したのでした。

急いで登った雨乞山・その1
下湯原温泉・ひまわり館前を右に進み、廃業している食堂のあるT字路を左に向かってすぐに出てくる、雨乞山登山口。
ここからしばらくは、細い舗装道路を歩いていきます。

急いで登った雨乞山・その2
舗装道路を20分ばかり歩くと、右手にブルーシートの小屋掛けがあって、その手前に再び雨乞山登山口を示す標識が現れるのでそこから山道に入ります。
道はすぐ二手に分かれるのですが、明るい左手を進むとところどころに標識が出てきます。
ここいら辺は植林されてまだ間もない場所であり、作業道があちこちあるので少々わかりにくい状況です。

急いで登った雨乞山・その3
霧の濃い中の登山スタートだったのですが、少し登ると霧(雲)から抜け出て、展望が広がってきました。
湯原の温泉街は雲海の下になっていました。

急いで登った雨乞山・その4
途中の701mピークでは、岡山県防災無線用の電波反射板のメンテナンス作業の真っ最中でした。

急いで登った雨乞山・その5
さらに登って、780mの展望台ピークへ。
北側には、雨乞山頂上がすぐ間近に迫っていました。

急いで登った雨乞山・その6
こんどは南に目を転じると、雲海も切れて山麓の様子を、少しだけですが望むことができました。

急いで登った雨乞山・その7
展望台ピークからはひと頑張りで雨乞山頂上へ。
なぜかくまのプーさんがバンザイ!をしています。
しかしここは、それほど展望はよくない頂上なのでした。

急いで登った雨乞山・その8
下山途中に北西方向を見ると、大山(だいせん・1729m)の大きな姿が。
その大山から連なる山並みの一番右手が甲ヶ山(かぶとがせん・1338m)で、その左が小矢筈(こやはず)と矢筈ヶ山(やはずがせん・1358.6m)です。

急いで登った雨乞山・その9
下山後に、下湯原から振り返った雨乞山方向の写真です。
中央左手が反射板の立つ701mピーク、右手が780mの展望台ピークでしょうか。
残念ながら、ここから山頂は見えないようです。
この後、車に乗って間もなく激しい雨が降り始めました。
無理に遠出をせず、コース変更をして正解だったようでした。

2010年12月21日 ガイド コメント:2

こんちはきもとさん。
来年の2月はまた上京するの?
今年は急な仕事が入ったので会えなかったから来年は会いたいな。
そういえばこないだY川先輩がこっちで仕事をしていたので会ってきたよ。
元気そうで何よりでした。

2010年12月27日 カシワヤ URL 編集

カシワヤくん、こんにちは。
今年の冬の上京は、毎年出席している研究会の日程変更により、いつもより少し早い1月下旬から2月上旬にかけてになるよ。
できれば時間を合わせて会いたいね。
また連絡するのでよろしく。

2010年12月27日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。