--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年12月09日

「ゆっくり歩く登山教室」佐伯天神山。

今日は私が講師を担当する、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の実施日。
今回は岡山県和気町の吉井川沿いに聳える、佐伯天神山(さえきてんじんやま・409.2m)に行ってきました。

佐伯天神山・その1
天石門別神社奥の登山口からスタートし、出だしは急登が続きます。
途中、岩尾根となる箇所もあって、登り応えは十分!
背後に望む吉井川の流れが美しく、気持ち良く高度を稼いでいきます。

佐伯天神山・その2
途中で風化した“天神地蔵”を見学し、急坂をもうひと頑張りすると三ノ丸という立て札の立つ平坦地へ。
ここら辺から、人為的に加工された中世山城の遺構となり、それまでとはガラリと雰囲気が変わります。
広い馬場跡の真ん中には大きなカコの樹があって、受講生の皆さんも興味深そうにご覧になっていました。

佐伯天神山・その3
なだらかに加工された尾根筋をさらに進むと、本丸跡に到着です。
この頃から急に気温が下がり、小雪の舞う場面もありました。

佐伯天神山・その4
本丸からは一旦下って、そこから最後の急坂を登って佐伯天神山の頂上に到着です。
小広くなって展望も良く、昼休憩にはぴったりの場所なのですが、風当たりが強いため記念撮影を済ませて早々に来た道を引き返しました。

佐伯天神山・その5
本丸まで戻ると風も弱まったため、そこで昼食としました。

佐伯天神山・その6
下山は本丸より、侍屋敷跡方面に向かいました。
吉井川がすぐ間近に見えるものの、急斜面につけられたジグザグ道は思いのほかに長いものでした。
やがて侍屋敷の平坦地を抜けて、最後は快適なサイクリング道を通って出発地点である、天石門別神社と戻りました。

2010年12月09日 ガイド コメント:3

県境を越えるとこんなにお天気が違うんですねぇ。
自分のブログにも書いたのですが、準備運動中に娘から電話があり、
「こんな天気に山なんて!遭難するけん帰って来なさい!」と叱られました。
昼休憩の画像を送ったら納得してました。
米子はその頃、ものすごい雷雨で地響きがしていたそうですよ。
今年最後の教室が晴れていて良かったです。
ありがとうございました。

2010年12月11日 オカン URL 編集

オカンさん、こんにちは。
米子では本当に天気が悪かったみたいで、お嬢様も心配されたことでしょう。
今年最後の登山教室は、すっきりとした晴天とはいかなかったもののまずまずの天気で、気持ち良く歩くことができましたね。
次回は雪の中ですが、頑張りましょうね。

2010年12月14日 きもと URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年12月14日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。