--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年12月04日

探検的な里山・鷲峰山と高山。

最近は少し里山歩きに凝ってきたため、岡山県南西部の代表的な里山とされる、鷲峰山(じゅうぶさん・399m)から高山(たかやま・385m)をつなぐコースを歩きに行ってきました。

鷲峰山・その1
出発地点は井原鉄道の備中呉妹駅。
駅を出て北西に連なる山並みが、今回歩くコースです。
なお今回は、岳獅会のメンバーも同行してくれました。

鷲峰山・その2
呉妹駅から大武集落を過ぎて、貯水槽の脇から鷲峰山登山道へ。
標識は登山道に入るまで現れないため、資料がないとちょっと辿り着くのは難しいかもしれません。

鷲峰山・その3
この鷲峰山の登山道は、かつては頂上やや下に建つ、棒沢寺の参道と利用されていたようです。
しかし今では歩く人も稀で、少々ヤブ潜りをしながらの登りとなりました。
ふと気づくと、左手に大きな沼があってちょっとびっくり!でした。

鷲峰山・その4
やがて突然辺りは開けて、仁王門跡へと飛び出ました。
しかし仁王像はどこかに移設されたのでしょう、門の中は空っぽだったのでした。

鷲峰山・その5
仁王門を潜ってさらに登ると、右手に棒沢寺石門が現れました。
なかなか雰囲気のある、立派な石門です。

鷲峰山・その6
石門を潜ると、そこは棒沢寺の境内となっていました。
しかしこの寺は完全に廃寺で、中はがらんどうで荒れ果てた雰囲気となっていました。

鷲峰山・その7
棒沢寺から頂上へ向かう途中の左手の露岩には、毘沙門天の浮き彫りがありました。
等身大でかなり見事な彫刻でした。

鷲峰山・その8
やがて道は高圧鉄塔の巡視路と合流し、それを辿って左手に進むと、小高い鷲峰山の頂上となりました。
頭上に巨大な高圧鉄塔が立っているのがやや興ざめですが、展望の開けたなかなか良い頂上です。

高山・その1
鷲峰山頂上からはさらに巡視路を北に辿り、車道の通る新本峠まで下ります。
そこからは車道を歩いて、次に登る高山の登山口まで移動します。

高山・その2
高山の頂上下にある、穴門神社。
意外に大きな、古い趣のある神社です。

高山・その3
穴門神社右手の小道に入り、巨岩の下に祀られた祠のやや下から分岐する細い踏み跡を辿って、高山の頂上へ。
展望のないピークではありますが、少々ヤブこぎをしながらの登りであったため、それなりの達成感はありました。

高山・その4
下山は穴門神社まで戻り、屈曲する舗装道路を歩いて備中呉妹駅へ。
上から見ると随分長いように見えた舗装道路ですが、1時間もかからずに到着することができました。
今回歩いたこのコースは、道も不明瞭な所があり、廃寺や古い神社を探り歩く、ちょっと探検的な雰囲気が楽しめました。
多少山慣れした人にお勧めしたい、穴場的な面白いコースだと思いました。

参考資料(Amazonへのリンク):
新ルート岡山の山百選

2010年12月04日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。