--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年11月17日

阿井観音の紅葉。

昨日登った島根県奥出雲の猿政山(さるまさやま・1267.7m)は、奥出雲観音八霊場第4番の阿井観音の境内を通って、登山道につながる林道に入っていくことになります。
その阿井観音の紅葉が、あまりにも見事だったので、少しご紹介したいと思います。

阿井観音の紅葉・その1
これは猿政山に向かう、林道内尾谷川線に入る際に通過する橋。
すでに阿井観音の一角です。
橋の左右から紅葉が迫ってきていて、なかなか壮観でした。

阿井観音の紅葉・その2
橋の下の流れにも、色付いた葉っぱをまとった木が、覆いかぶさるように枝を広げていました。
ところでこの一段上には、可部屋集成館というのがあって、庭園が整備されているようでした。
そちらのほうがもっと紅葉が見事なようで、できれば立ち寄りたかったのですが、すでに17時近くと時間が遅かったため、また次の機会とすることにしました。

阿井観音の紅葉・その3
それでももう少しと思って周囲をブラブラすると、集成館とは反対側に向かう石段を発見。
登ってみることにしました。

阿井観音の紅葉・その4
するとこちらにも、素晴らしい紅葉の木々と六地蔵などの石仏が安置されている一角がありました。

阿井観音の紅葉・その5
さらにもう一段登ると、どうやら歴代住職の眠っているのであろう墓地に、道は続いていました。
色付いた落ち葉が絨毯のように敷き詰められて、息を飲むような景色となっていました。

阿井観音の紅葉・その6
ところで阿井観音そのものはというと…境内の入り口右手の川を渡った先に、本尊の聖観音が安置されているお堂はありました。
しかし開帳時期が決まっているのか、扉は閉ざされていて、聖観音像を見ることはできなかったのでした。
ちょっと残念でした。。

この阿井観音は、山陰でもあまり知る人はいないようですが、かなりの紅葉スポットと言って良いのではないでしょうか?
機会があれば、ぜひ足を運ぶことをお勧めしたいと思います。

2010年11月17日 旅行・観光 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。