--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年11月08日

出雲北山縦走。

このところ、中国地方の山々を巡り歩く山行が続いています。

出雲北山縦走・その1
こんどは島根県宍道湖の西、出雲市の北側に連なる山々、通称“出雲北山”と呼ばれる山域の縦走に行ってきました。
スタートは東の端に位置する、旅伏山(たぶしやま・412.7m)から。
登山口の駐車場に車を停めてスタートです。
(旅伏山の標高は417mが正しいそうです)

出雲北山縦走・その2
最初のピークである旅伏山の頂上。
手入れのされた、明るく広い頂上で東屋もあります。

出雲北山縦走・その3
縦走路を西に進んで、下ったところが伊努谷峠。
ここから北に下れば、紅葉で有名な古刹・鰐淵寺へと出ることができます。

出雲北山縦走・その4
そのまま尾根の急坂を登って、出雲北山最高峰である鼻高山(はなたかせん・536.3m)へ。
本来は展望の良い頂上なのですが、ここで雨が降り出してきてしまいました。

出雲北山縦走・その5
鼻高山の反対側の矢尾峠へ下ります。
雨はそんなに強くはならず、止んでくれました。

出雲北山縦走・その6
矢尾峠から次の峠まで、小さいピークをいくつか越えますが、一番高いのが天臥峰(てんがみね・458m)。
地形図には“天ヶ峰”と記されているピークです。
(天臥峰だった名前が、平成19年に天ヶ峰に変更されたのだそうです)

出雲北山縦走・その7
石仏(一丁地蔵)の安置された遥堪峠。
ここまでくれば、大体半分を過ぎたくらいです。

出雲北山縦走・その8
縦走路から少し離れたピークである、万ヶ丸(まんがまる・480m)にも足を運びました。
少し引き返して、この山頂の右手につけられた縦走路に戻ります。
(この山の標高も488mに変更されたとのこと)

出雲北山縦走・その9
次の峠は鈴谷峠。
雨も完全に上がって、少しだけですが日も差すようになってきました。

出雲北山縦走・その10
字が読めないくらいに標識が痛んだ、天台ヶ峰(てんだいがみね・461m)。
いよいよ縦走も終盤です。
(こちらは天台ヶ峰南峰、480mが正しいとのこと。主峰は北に離れた490mのピークになるそうです)

出雲北山縦走・その11
最後の峠である、鼻突峠。
前方には、弥山(みせん・494m)の頂上に向かう急坂が控えていました。

出雲北山縦走・その12
そしてその急坂を登りきって、三角点を通過した先の尾根の突端が、最終ピークである弥山の頂上です。
出雲御山神社の祠が祀られていました。

出雲北山縦走・その13
弥山頂上からの下山はいくつか選べるのですが、最もポピュラーな一般登山道を選びました。
出雲平野の展望を楽しみながら、滑りやすい急斜面を下っていきます。

出雲北山縦走・その14
下りきった場所からは出雲大社を経由して、一畑電車に乗って出発地点の旅伏山登山口まで戻り、車を回収しました。
この一畑電車は、今年の5月に公開された『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』という映画のモデルになった地方鉄道です。
私が乗った時は、ちょうど高校生の帰宅時間だったようで、電車内は大賑わい。
映画のほうも私は未見なのですが、近いうちにぜひ観てみたいと思いました。

<2011年6月27日追記>
出雲北山徘徊人さんよりご指摘のあった箇所を、赤文字で加えました。

2010年11月08日 その他の山々 コメント:4

すごい!
北山縦走されたのですね。一日でできるなんて、すごいですね。
私もそれぞれ単独で登りますが、さすが縦走となると構えてしまい、実行できずです。
映画、よかったですよ。現実にUーターンかIターン忘れましたが、一畑電車に運転手さんがおられて、近日デビュだそうです。

2010年11月14日 あかん URL 編集

あかんさん、こんにちは。
出雲北山は、一度通しで歩いてみたいと思って行ってみました。
やはり距離が少々長いため、気軽に出かけるという訳にはいきませんね。
映画、ご覧になったのですね。
私も近いうちに、ぜひ観てみたいと思います。

2010年11月15日 きもと URL 編集

記念碑跡の台石が残る旅伏山は417m(地理院計測済非公開値)で、写真奥に見える地理院標高点(都武自神社真裏)は421mへ修正されました。三角点456.5m、最高点460m前後(縦走路外れる)です。
天臥峰は平成になってから地元高浜地区で名付けられたピークですが、平成19年、やはり地元の来阪神社によって天ヶ峰へ正式に変更されました。万ヶ丸山の標高は488mに修正されました。天台ヶ峰(現在480mに修正)とある縦走路のピークは数十年もの長い間、誤記されていた南峰で、主峰(本当の天台ヶ峰490m)は縦走路を外れ北東方向へ約400m地点です。途中鞍部から平岩コースという、韓竃神社への道があります(登山口に青杭)。主峰からも同社へ道があります。登山口は平岩コース登山口より更に社に近い、コンクリート橋(社の上流)付近(青杭あり)から続いています。

2011年06月25日 出雲北山徘徊人 URL 編集

出雲北山徘徊人さん、こんにちは。
ご指摘、ありがとうございます。
追記の形で修正させていただきます。
大山のほうでも問題になっていますが、地名というのは難しいですね。

2011年06月27日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。