--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年10月25日

瓶ヶ森と伊予富士。

四国の日本三百名山4座をご案内するツアー3日目(最終日)は、本来は瓶ヶ森(かめがもり・1896.2m)から伊予富士(いよふじ・1756.0m)の縦走をする予定だったのですが…やはりこの日も雨…。
しかしわざわざ関東から足を運んでいただいたお客様を手ぶらで帰すわけにもいかないので、この山稜のすぐ下を通る町道瓶ヶ森線をバスで移動して、それぞれの山を最短コースから往復するプランに変更させていただくことにしました。

瓶ヶ森と伊予富士・その1
登山口から男山を経て辿り着いた、瓶ヶ森の頂上。
ここまで大体、1時間足らずだったでしょうか。
記念撮影を済ませて、足早に下山にかかりました。

瓶ヶ森と伊予富士・その2
続けてバスで伊予富士のすぐ下へ移動し、最短で登れる登山口へ。

瓶ヶ森と伊予富士・その3
伊予富士の頂上手前の様子。
雨ばかりでなくガスも濃く、紅葉もあまり楽しむことができなかったのは本当に残念でした。

この後はゆっくりと温泉に入り、早めに松山市内に入って1時間半ばかり観光をして、松山空港でお客様のお見送りをしました。
その後は車を5時間走らせて、米子の自宅に帰着。
短いようで長かった6日間の四国行きも、これで終了となりました。

2010年10月25日 ガイド コメント:2

きもとさん、こんにちは。
瓶ヶ森(かめがもり)をはじめ、四国の山は読みにくい漢字のものが多くありません?
話していてけっこう「ほら、あの山…」と言いながら、漢字は思い浮かぶけど読めないことがあります。

2010年10月28日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
確かに瓶ヶ森→かめがもり、篠山→ささやま、三嶺→みうね、などなど読みにくい山名が多いですね。
瓶ヶ森のことは、びんがもりと呼んでいる人も多いので、たまに話しが通らなくて困ってしまうこともあります。

2010年10月28日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。