--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年10月22日

瓶ヶ森から伊予富士縦走。

四国滞在の3日目は、石鎚山(いしずちさん・1982m)の東に連なる、瓶ヶ森(かめがもり・1896.2m)から伊予富士(いよふじ・1756.0m)の縦走に行ってきました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その1
前夜は登山口近くの某所で、石鎚山東稜を目指す岳獅会、および米子勤労者山岳会のメンバーと合流。
朝は旧寒風山トンネルの登山口に自分の車を置いて、町道瓶ヶ森線を車で送ってもらいました。
この町道瓶ヶ森線は、展望抜群の山岳道路。
自然環境や景観のことを考えると、決して手放しで褒め称えることはできないものですが、車を停めて景色に見とれる場面が何度かありました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その2
土小屋に向かう岳獅会メンバーと別れ、瓶ヶ森登山口から登山スタートです。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その3
途中男山を通過して、気持ちの良い笹原の稜線を辿って頂上を目指します。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その4
瓶ヶ森の頂上。
遠くに見えるのは石鎚山です。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その5
これは瓶ヶ森頂上を少し下った地点から見た、伊予富士方面。
これから辿る縦走路を見渡すことができました。
なお稜線の右手中腹を横切る筋は、先ほどの町道瓶ヶ森線です。
平日ながら紅葉が始まっていることもあり、かなりの量の車の行き来がありました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その6
吉野川源流の碑を通過した次の、西黒森(にしくろもり・1861m)から見た瓶ヶ森。
日本三百名山に選ばれていることもあって、なかなか堂々たる山容です。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その7
稜線の上の方は晴れて展望が良かったのですが、標高が低くなると西条側を覆う雲海が流れてきて、視界を遮られる箇所もところどころありました。
しかし木々の紅葉が良い感じに進んできているため、展望がないところでも楽しく歩くことができました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その8
今回のコースのちょうど中間地点にあたる、自念子ノ頭(じねんごのかしら・1701.5m)の頂上。
遠くに見えるのは、やはり石鎚山です。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その9
さてその自念子ノ頭を過ぎた先で、稜線は低く狭くなだらになり、車道が頂稜上を通るようになってしまいます。
残念ながらそう長くはない距離ですが、車道を歩くことになってしまったのでした。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その10
再度登山道に入り、東黒森(ひがしくろもり・1735m)のピークを過ぎると、伊予富士の頂上が右前方に近付いてきました。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その11
伊予富士の頂上に到着です。

瓶ヶ森から伊予富士縦走・その12
伊予富士頂上からは、出だしが急な坂を下って、桑瀬峠まで進みました。
その先稜線は寒風山(かんぷうざん・1763m)、笹ヶ峰(ささがみね・1859.5m)を経てさらに赤石山系まで続いているのですが、今日はここから下山です。
樹林の中をとことこ歩いて、旧寒風山トンネルの登山口に戻りました。
今回は車道がすぐ下を通っていてやや味気なかったものの、四国らしい笹原の気持ち良い稜線を縦走できて、充実した登山となりました。

2010年10月22日 その他の山々 コメント:2

紅葉はもう始まってますか?

2010年10月26日 paraiso URL 編集

paraisoさん、こんばんは。
石鎚山、剣山とも、紅葉はちょうど良いくらいでしょう。
大山は下から見た限りでは、まだちょっと紅葉の進みが遅いかも?
ただ、今日明日でかなり冷え込むので、一気に進むかもしれません。

2010年10月26日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。