--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年10月02日

ウリ坊と遊びました。

夏の仕事を全て終えた後の週末、8月の終わりと同様に、再度大菩薩嶺(だいぼさつれい・2056.9m)北面の沢を登るべく、奥多摩駅から丹波行きのバスに乗り、終点から青梅街道を歩き始めました。
この青梅街道は丹波の辺りは賑やかですが、すぐに家並みは途切れ、思いの他頻繁に通り過ぎる車のスピードも速くて、徒歩で進むには少々心落ち着かない道です。
その丹波集落から20分ばかりも歩くと、道の左手に妙に雑多な雰囲気の、山で採れたものを売っているのであろうキノコ販売所が現れました。
店舗の一角には薄汚い(失礼!)椅子が置かれていたのですが、見るとその影で、何やら獣のようなものが動き回っていました。

ウリ坊・その1
その獣の正体は…何とウリ坊(イノシシの子供)でした!

ウリ坊・その2
かわいい!
早速手を差し伸べると…

ウリ坊・その3
2本の指をがぶっと咥えられてしまいました。
2週間前に、トナカイに手首を咥えられたことを思い出してしましました。

ウリ坊・その4
ご主人によると、この子は飼っているイノシシが3週間前に産んだものなのだそうです。
小さいですが動きは非常に力強く、ぽこやみあは持っていない、野生の力というものが感じられました。

大黒茂谷出合・その1
ところで今回の目標は、9月1日に登った小室川谷と同じ、丹波川上流泉水谷の支流である大黒茂谷です。
小室川谷よりもさらに30分ばかり林道を登った辺りに、大黒茂谷出合を現す標柱が立てられていました。

大黒茂谷出合・その2
泉水谷に架けられた立派な橋を渡って、大黒茂谷出合へ。

大黒茂谷出合・その3
今夜は出合近くの一段高い台地にツェルトを張ってビバーク。
翌日朝一からの遡行に備えました。

2010年10月02日 かわいい動物たち コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。