--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年09月15日

ちょっと面白い三坂山。

来月実施する、NHK文化センター米子教室ゆっくり歩く登山教室」の下見で、岡山県湯原温泉近くの三坂山(みさかやま・902.5m)に行ってきました。

三坂山・その1
いきなり怖い写真ですみません。。
今回は釘貫集落からの往復コースを選んだのですが、これは登山口に向かう林道(車はちょっと無理そう?)の途中に立つ、首切地蔵を写したものです。

三坂山・その2
さらにしばらく林道を歩くと、三坂峠の言われを記した看板があり、そこが正式な登山口となっています。
登り始めて曲がり角をすぎると間もなく、立派な題目石が現れました。

三坂山・その3
その先には、やはり首のない釜地蔵が安置されている一角を通過していきます。
このコースは古くから“大山みち”として利用されてきた道で、あちこちに当時の石仏が残っています。
石仏好きの私には嬉しいコースです。

三坂山・その4
やがて道は切通しの小さな峠へと抜け出ました。
どうやら正面(久世方面)に進むのが往時の“大山みち”のようですが、山頂へは右の急坂を登って行くことになります。
その前に、左に一段上がったところの展望岩まで行ってみることにしました。

三坂山・その5
展望岩から見た、三坂山の様子。
峠から山頂までの距離は700mとのことですが、けっこう遠そうな感じでした。

三坂山・その6
一旦峠に引き返してからの山頂方面への道は、思った通り少々長く感じる、アップダウンの多いやや歩きにくい道でした。

三坂山・その7
辿り着いた、三坂山頂上。

三坂山・その8
頂上はあまり広くはないのですが、展望は良く、湯原温泉の街並みと周囲の山々も見渡すことができました。

三坂山・その9
頂上からは南へ進み、植林帯の急な斜面を伝って十国峠まで下りました。
古くは茶屋があったという場所ですが、現在は草ぼうぼうの林道が近くまできていて、ちょっと荒れたような印象です。

三坂山・その10
十国峠からは非常に良く整備された頂上東南側のトラバース道を進み、頂上と展望岩の分岐となる峠へと出て、その後は往路を引き返し釘貫集落へと戻りました。
この三坂山は中途半端に手が加えられた、少々人臭い山ではありましたが、意外と険しくて変化のある、ちょっと面白い山だと思いました。

2010年09月15日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。