--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年09月04日

早月尾根から剣岳(1日目)。

いよいよ早月尾根からの剣岳(つるぎだけ・2999m)登山がスタートです。

早月尾根から剣岳(1日目)・その1
馬場島荘2階の窓から見た剣岳方面。
写真右手の大きな尾根が早月尾根、その陰になっているのが剣岳です。

早月尾根から剣岳(1日目)・その2
早月尾根の下部は、単調な樹林の中の急登が続きます。
5時間余り登って尾根上の2224mピークに辿り着くと、宿泊先である早月小屋がすぐ先に見えてきました。

早月尾根から剣岳(1日目)・その3
午後も早い時刻に小屋に到着したため、夕食まではリラックスタイムです。
ベンチでくつろぐお客様の指に、アサギマダラがとまって汗を舐めていました。

早月尾根から剣岳(1日目)・その4
夕食後、夕焼け空が広がってきたので、先程の2224mピークまで登って夕日を見ることにしました。
写真左手の尾根の向こうの大きな岩山が、剣岳頂上です。

早月尾根から剣岳(1日目)・その5
赤く染まってきた、小窓尾根(写真中央と左手の岩峰)と剣尾根(写真右手の岩峰)。

早月尾根から剣岳(1日目)・その6
北の方角には毛勝三山(けかちさんざん)の山々が雲海上に浮かんでいました。

早月尾根から剣岳(1日目)・その7
そしていよいよ日没です。
なぜか水平線の向こうではなく、雲海の中に沈んでいくように見えた不思議な日没でした。

早月尾根から剣岳(1日目)・その8
夕暮れに包まれる、早月小屋。
しかし晴天の週末ということで、小屋の中は大混雑!
けれども狭いながらも翌日に備えるべく、早めに布団に入り、頑張って(?)眠りにつきました。

2010年09月04日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。