--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年08月31日

大菩薩嶺北面へ。

夏の終わりに、大菩薩嶺(だいぼさつれい・2056.9m)北面の沢を登りに行ってきました。

大菩薩嶺北面へ・その1
JR青梅線の終点・奥多摩駅からバスに乗って山梨県の丹波まで行き、そこから徒歩で1時間余り、青梅街道を西へ進みます。
さらに三条橋から林道泉水横手山線を歩き、小室川谷出合付近で沢筋に下降。
写真は泉水谷に架けられた小橋で、このすぐ下流が今回の目的の沢である、小室川谷の出合となります。

大菩薩嶺北面へ・その2
沢そのものは翌日一気に遡行する予定なので、出合右岸の台地にツェルトを張ってビバークの準備をしました。

大菩薩嶺北面へ・その3
夜は沢登りでは定番の焚き火をし、パートナーと山の怪談などをして盛り上がりました。

2010年08月31日 沢登り コメント:2

きもとさん、こんにちは。
この週末はこちら方面へ行く話もあったのですが、流れてしまいました。
大菩薩嶺、実はkinkachoの行きたい山の一つです。
単に小説「大菩薩峠」の舞台だからなのですが、それと連合赤軍の事件の跡地ということで…
でも、関西からは半端に遠いです。

2010年09月06日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんにちは。
大菩薩峠は、やはり歴史小説好きの方ならば足を運んでみたいところなのでしょうか?
大菩薩峠事件の福ちゃん荘は健在で、今回も下山時にビールを飲んでくつろぎました。
けれども確かに、山梨周辺というのは、西日本からは行きにくい場所ですね。

2010年09月07日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。