--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年08月21日

鏡平から笠ヶ岳(2日目)。

鏡平山荘で一夜を過ごした翌朝は、快晴の透き通った空が頭上に広がっていました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その1
出発前に立ち寄った、鏡池の様子。
ちょっと水面が波立って、美しい逆さ槍とはいかなかったですが、それでも槍ヶ岳(やりがたけ・3180m)の姿を映す写真を撮ることができました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その2
出発して1時間ほどで、双六池から笠ヶ岳(かさがたけ・2897.5m)に続く稜線上の弓折乗越へと到着。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その3
弓折乗越からは、左手前に焼岳(やけだけ・2455m)、右奥に乗鞍岳(のりくらだけ・3025.6m)、そしてさらに遠くに木曽御嶽山(きそおんたけさん・3067m)の姿を望むことができました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その4
さらに稜線を進むと、右後方には黒部五郎岳(くろべごろうだけ・2840m)と、薬師岳(やくしだけ・2926m)の姿もありました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その5
そして秩父平を過ぎた先で、いよいよ今回の目的である笠ヶ岳が姿を現しました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その6
笠新道分岐点を見送って、抜戸岩へと道は続きます。
登山道はこの岩の合間を通って進みます。
しかしここら辺からガスが湧き上がり、ほとんど視界が得られない状況となってきてしまいました。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その7
やがて程なく、笠ヶ岳山荘に到着。
小屋前に不要物をデポさせていただき、いよいよ山頂を目指します。

鏡平から笠ヶ岳(2日目)・その8
そして辿り着いた、笠ヶ岳山頂の標識と三角点。
景色が見れないのは残念でしたが、北アルプスの主脈を離れた大きな山の頂上に立つことができて、お客様はとても喜んでおられました。
この後は少し下って、笠ヶ岳山荘に宿泊。
8月下旬とはいえ大混雑で、あまり落ち着かない一夜を過ごしました。

2010年08月21日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。