--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年07月24日

雌阿寒岳縦走。

知床半島海岸線トレッキングを終えた、ガイドの先輩・上村博道さんと私は、その晩は屈斜路湖畔和琴半島のキャンプ場に宿泊。
予備日が1日余ったため、翌日は私の希望で雌阿寒岳(めあかんだけ・1499m)方面に向かいました。

雌阿寒岳縦走・その1
雌阿寒温泉側の雌阿寒岳登山口。
なお上村さんは既に何度も登っている山とのことで、登山口で待っていただくことになりました。

雌阿寒岳縦走・その2
二合目の様子。
雌阿寒岳の下部は、このような針葉樹林帯が続きます。

雌阿寒岳縦走・その3
八合目付近の様子。
樹林もなくなり、火山らしい雰囲気となってきました。

雌阿寒岳縦走・その4
そして雌阿寒岳頂上に到着。
しかし…残念ながらガスが濃く、展望はまったく得られませんでした。。

雌阿寒岳縦走・その5
続けて阿寒富士(あかんふじ・1476.3m)方面へ縦走。
本当にガスが濃く、すれ違う登山者の姿も判然としない感じです。。

雌阿寒岳縦走・その6
雌阿寒岳オンネトーコース八合目からの阿寒富士の登り。
富士山のような、赤い砂礫の道が続きます。

雌阿寒岳縦走・その7
急登をひと登りで到着した、阿寒富士頂上。
やはり展望はまったく得られませんでした。。。

雌阿寒岳縦走・その8
下山はオンネトー湖畔側へ。
展望は得られなかったのは残念ですが、変化のあるコースで、それなりに楽しく歩くことができました。

さてこの後は上村さんにピックアップしていただき、レンタカーを走らせて門別のユースホステルに宿泊。
翌日は新千歳空港より岡山空港へと飛行機で移動。
仕事もプライベートも非常に充実した、13日間の北海道ツアーは無事に終了ということになりました。

2010年07月24日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。