--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年07月16日

大雪山系・トムラウシ山縦走(3日目)。

忠別岳避難小屋を後にした我々は、雪渓をひと登りで主稜線に戻り、さらに気持ちの良い縦走路を辿って行きました。

トムラウシ(3日目)・その1
振り返ると雄大な忠別岳(ちゅうべつだけ・1962.6m)が背後に聳えていました。

トムラウシ(3日目)・その2
やがてハイマツに囲まれた、五色岳(ごしきだけ・1868m)頂上へ。
ここで道は二手に分かれるのですが、我々は右手のヒサゴ沼方面を目指します。

トムラウシ(3日目)・その3
縦走路中の、お花畑と池塘。
本当に楽園のようなところです。
今回のコースでは、このような美しい場所を、いたるところで目にしました。

トムラウシ(3日目)・その4
少し寄り道をして立った、化雲岳(かうんだけ・1954.3m)頂上。
標識背後の露岩にも登ってみました。

トムラウシ(3日目)・その5
化雲岳からは大きな雪渓を辿り、ヒサゴ沼へと進みました。
少し早かったのですが、今日の行程はここまでです。
キャンプ地となっている湖畔でくつろいでいると、頭上には何機ものヘリコプターが現れました。
去年の大量遭難の取材や調査なのでしょうか?
しかしこの日の天候は穏やかで風もなく、山々は優しい姿を見せていました。

2010年07月16日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。