--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年07月14日

大雪山系・トムラウシ山縦走(1日目)。

いよいよトムラウシ山(とむらうしやま・2141.0m)登山がスタート。
まずは早朝、朝一番のバスに乗って登山口へ移動です。

トムラウシ(1日目)・その1
今回の出発地点は銀泉台。
大雪山系北部の赤岳(あかだけ・2078.0m)や白雲岳(はくうんだけ・2229.5m)の登山口となっている場所です。

トムラウシ(1日目)・その2
連続する雪渓を次々と越えて行きます。

トムラウシ(1日目)・その3
やがてたくさんのコマクサの花が咲き乱れる駒草平へ。
…しかしこの先の第四雪渓の手前で、お客様のお一人が体調を崩し、リタイヤすることになってしまいました。
私が同行して銀泉台まで下山していただき、その後一人で上村さん一行を追いかけることになりました。

トムラウシ(1日目)・その4
やがて辿り着いた、赤岳山頂からの展望。
雄大な大雪山系の山並みが広がっていました。

トムラウシ(1日目)・その5
さらに今日は消灯までに合流すれば良いとのことだったので、白雲岳にも寄り道させていただきました。
頂上からは大雪山系、いや北海道の主峰ともいえる、旭岳(あさひだけ・2291m)の神々しい姿を臨むことができました。

トムラウシ(1日目)・その6
白雲岳キャンプ指定地には、無事に日没前に到着。
ところで今回のサブガイドである今泉さんは、札幌市内でフランス料理店を営むシェフでもある方です。
今日の夕食は、その今泉さんの手によるステーキ丼。
今回は下山するまで、そのような素晴らしい食事を用意していただいて、食べ物には非常に恵まれた登山となったのでした。

2010年07月14日 ガイド コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。