--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年06月26日

天神平から谷川岳往復。

全国から集まったお客様を、北関東の日本百名山3座にご案内するツアーの最終日は、私の大好きな谷川岳(たにがわだけ・1977m)へと向かいました。

天神平から谷川岳・その1
バスで土合口まで向かい、そこからロープウェイで天神平へ。
リフトの建物の向こうには、これから登る頂上方面がくっきりと見えていました。

天神平から谷川岳・その2
今回往復する天神尾根コースは、熊穴沢避難小屋を過ぎると周囲の樹林が低くなり、展望が開けるようになってきます。
右手を見ると谷川岳のもう一つの代表的なコースである、西黒尾根の様子を眺めることができました。

天神平から谷川岳・その3
肩の小屋直下では、100mばかり急な斜面となった雪渓が残っていました。
持参したピッケルでステップを刻み、お客様に通過していただきました。

天神平から谷川岳・その4
やがて辿り着いた、トマノ耳(とまのみみ・1963.2m)頂上。
写真には写っていませんが、非常に大勢の登山者で賑わっていました。

天神平から谷川岳・その5
さらに最高地点となる、オキノ耳(オキノミミ・1977m)へ。
眼下の雪渓は、クライミングで有名な一ノ倉沢の下部になります。

天神平から谷川岳・その6
今回も下山は肩の小屋前を通って、往路を引き返しました。

今回のツアーは梅雨の時期にもかかわらず、天候に恵まれて3日間とも気持ちの良い登山を楽しむことができました。
この後は羽田空港まで同行し、それぞれの帰路につかれるお客様を見送って、3日間のツアーも無事に終了となりました。

2010年06月26日 ガイド コメント:2

きもとさん、こんにちは。
谷川岳って、この季節でも雪があるんですね!!驚きでした。
前の記事の武尊山も谷川岳も行ってみたい山なんですよね。でも、どちらも行く機会に恵まれない山でもあります。

2010年06月29日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんばんは。
谷川岳の天神尾根は、例年7月上旬くらいまでは、多少は雪を踏んで登っていくことになります。
西黒尾根だったらもう少し後まで残っているかな?
谷川も武尊山も良い山です。
遠いですが、いつか機会があれば登ってみてください。

2010年06月30日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。