--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年06月10日

ミヤマヨメナ咲く牛曳山。

今日は私が講師を担当する、NHK米子文化センターゆっくり歩く登山教室」2010年度第3回目の日。
今回は比婆連山の牛曳山(うしびきやま・1144m)から、伊良谷山(いらだにやま・1148.9m)、毛無山(けなしやま・1143.7)と続く稜線の縦走に行ってきました。

ミヤマヨメナ咲く牛曳山・その1
県民の森から10分くらい車道を戻った牛曳山登山口からスタート。
出だしはシラカバの美しい、気持ちの良い森の中を進みます。

ミヤマヨメナ咲く牛曳山・その2
しばらく進むと、道は谷沿いを進むようになります。
前方に現れてきたのは、牛曳滝です。

ミヤマヨメナ咲く牛曳山・その3
谷沿いの道を進む受講生の皆さん。
今日は快晴で気温も高かったため、涼しく歩けて助かりました。

ミヤマヨメナ咲く牛曳山・その4
やがて道は谷を離れて、明るい林の中を進むようになりました。
そして道の両側には、可愛らしいミヤマヨメナの白い花々が満開となっていました。

ミヤマヨメナ咲く牛曳山・その5
牛曳山頂上からの展望です。
目立つ立烏帽子山(たてえぼしやま・1299m、左手)やなだらかな御陵(ごりょう・1264m、右手)など、比婆の山々を一望することができました。
この後は伊良谷山から毛無山を経て出雲峠に至り、県民の森へと下山しました。

ところで今回は、出雲峠の近くでマムシ2匹を目にしました。
これからの季節では、日当たりの良い草地では十分な注意が必要といえるでしょう。

2010年06月10日 ガイド コメント:2

得意げに獲物を披露される受講生さんを遠目に見ながら、
なおかつ、赤いハンカチで獲物が視界に入らぬようにされていた姿が、
強くオカンの脳裏に残りました(^0_0^)

2010年06月12日 オカン URL 編集

オカンさん、こんにちは。
登山教室、お疲れ様でした。
さて“サバイバル登山”なるものが注目を集める昨今ですが、私は殺生は苦手なもので、あの手の場面からはついつい目を背けてしまいます。。
けれどもこの地方では、マムシを捕るというのは一般的なことなのですね。
昨日はやや年配の男性お二人と世間話をしたのですが、いずれもマムシはよく捕って食べるとのこと、びっくり!でした。。。

2010年06月12日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。