--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年05月19日

丹沢・鳥屋待沢右俣。

ガイド仲間のhuascaranくんと一緒に、丹沢へ沢登りに行ってきました。

鳥屋待沢右俣・その1
ルートは三峰山(みつみねさん・934.6m)の東面を流れる、鳥屋待沢。
私は丹沢の主要な沢は大体登っているのですが、ここは登り残していたものの一つです。
煤ヶ谷集落から谷太郎川沿いの林道に入り、権現橋からスタート。
遡行開始後すぐに現れる大きな堰堤は、右岸から高巻きました。

鳥屋待沢右俣・その2
堰堤上の土砂が堆積した河原を過ぎてしばらく行くと、ナメ小滝が続きます。
だんだんと沢登りらしい雰囲気になってきました。

鳥屋待沢右俣・その3
10m大滝。
右岸から高巻きました。

鳥屋待沢右俣・その4
その先は、ゴルジュ状となって楽しいところです。

鳥屋待沢右俣・その5
ゴルジュ内のトイ状の流れ。
右岸にバンドがあり、簡単に辿っていくことが可能です。

鳥屋待沢右俣・その6
ゴルジュ出口の小滝。
この先が少々嫌らしく、慎重にホールドを探して乗り越えました。

鳥屋待沢右俣・その7
やがてやや不明瞭な二股へ。
この写真中央の、豪快に水を落とす7m滝が右俣で、左手の涸れた沢が左俣になります。
我々は右俣に入ることとし、7m滝、およびその上の10m滝もまとめて、右岸から高巻きました。

鳥屋待沢右俣・その8
その先の小滝の登り。
頭上の新緑が、とても美しく感じられました。

鳥屋待沢右俣・その9
やがて沢筋から水の流れはなくなり、ご覧のような苔むした緑の濃い沢筋となりました。
しかしこのまま沢筋を辿るのも容易ではなく、左岸を大高巻きして源頭部へと降り立ちました。

鳥屋待沢右俣・その10
さあいよいよ稜線間近、足取りも軽くなってきました…と言いたいところですが、先を歩くhuascaranくんの足跡からは、にょきにょきと伸び上がる気色悪いものが!
そう、ヤマビルです!!
遡行最後の余韻を味わう間もなく、猛スピードで登山道へと這い上がりました。

鳥屋待沢右俣・その11
抜け出た地点からは、左手に進んで三峰山山頂を目指しました。
岩場ではないのですが、アップダウンの多い険しい道です。

鳥屋待沢右俣・その12
辿り着いた三峰山山頂。
ここからは不動尻経由で出発地点に下山。
しかし注意していたにもかかわらず、右足くるぶしの辺りを一箇所、ヒルにやられてしまいました。
本当に困ったものです。。。
これからしばらくの間は、この鳥屋待沢周辺には近付かないのが無難でしょう。
ところで沢のほうですが、丹沢前衛に位置するとは思えないくらいの、山深さが感じられる沢でした。
水無川本谷や勘七ノ沢のような派手さはないですが、落ち着いた渋めの沢が好きな方には、お勧めしたい1本です。

2010年05月19日 沢登り コメント:2

お疲れ様でした。
翌々日、広沢寺でもヒルに遭遇しました。今年は奴らの出没が早いかもしれませんね。

2010年05月24日 川口 URL 編集

川口くん、こんにちは。
広沢寺でもヒル出現か。。
丹沢も少々、登りにくい山域になってしまったね。
万が一やられた時は、冷静にライターで始末してください。
おれはまだ痒いよ。

2010年05月24日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。