--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年04月29日

今日も毛無山から朝鍋鷲ヶ山縦走。

こんどは大阪のお客様をご案内して、中国山地の毛無山(けなしがせん・1218.4m)から朝鍋鷲ヶ山(あさなべわしがせん・1074m)の縦走に行ってきました。

今日も毛無山から朝鍋鷲ヶ山縦走・その1
今日もカタクリの花々は満開に近い状態で、我々を迎えてくれました。

今日も毛無山から朝鍋鷲ヶ山縦走・その2
俣野越の下りに向かう途中から見た、金ヶ谷山(かながやせん・1164.2m)。
このコースはここからが一番苦しいところです。

今日も毛無山から朝鍋鷲ヶ山縦走・その3
夕暮れ近い、朝鍋鷲ヶ山頂上の一角。
昨日と全く同じコースで、野土路トンネルへと下山しました。
今日はそれでも全行程を6時間半で踏破。
なかなか健脚揃いのお客様でした。

2010年04月29日 ガイド コメント:2

初めまして「吉備の中山」と申します
6合目大杉のところでお会いしました。あの人数で朝鍋鷲ヶ山まで縦走とは驚きです。
私は以前、人を案内した時、金ヶ谷山にやっと届いた思い出があります。
ところで関東方面のクライミングなど興味深く拝見しています。これからも期待しています。
また相互リンクをよろしくお願いします。

2010年05月01日 吉備の中山 URL 編集

吉備の中山さん、こんにちは。
お声かけいただき、ありがとうございました。
毛無山から朝鍋鷲ヶ山までの縦走は、けっこう順調に進みました。
この手の要体力のコースというのは、お客様も体力のある方が、それなりの心構えで参加される場合がほとんどで、実はガイドはやりやすいことが多いです。
花を見る軽いハイキングのほうが、大変だったりすることも少なくないです。
まあそれでも、人をご案内して歩くということは、やはりとても大変なことだなとは思います。
さて関東方面のクライミングですが、次は今月中頃に行く予定となっています。
記録を載せますので、ぜひご覧になってくださいね。
またリンクもぜひお願いします。
それでは今後とも、よろしくお願いします。

2010年05月02日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。