--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年03月22日

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ。

発達した低気圧の通過によって、日本中が大荒れの天気となった翌朝、停滞のため宿泊したホテルの窓から向こうを見ると…

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その1
青空と美しい雪の山の景色が広がっていました!
いよいよ妙高外輪山から火打山(ひうちやま・2461.8m)周辺を巡り歩く、撮影登山のために入山です。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その2
妙高杉ノ原スキー場のゴンドラとリフトを乗り継いで、コース上端から登山スタート。
先行する山スキーヤーのトレースを使わせていただいて登っていきます。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その3
妙高外輪山間近の登り。
背後に聳えるのは高妻山(たかつまやま・2352.8m)です。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その4
辿り着いた妙高外輪山の一角から見た、進行方向。
雪庇の近くを大勢のスキーヤー達が登っていきます…と思って見ていたら、この後にやってきたスキーヤーが、何を考えたのか縁の方まで歩いてゆき、雪庇の崩落により転落してしまいました。
10m弱の落下ですぐに止まり、左手の雪庇のない箇所から這い上がってきましたが、完全に本人の不注意でしょう。
雪の山では、尾根の縁に立つということは厳禁です。。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その5
続いて我々も慎重に、大雪庇付近を登っていきます。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その6
登り詰めたところが妙高外輪山西側のピークである、三田原山(みたはらやま・2360m)です。
昨年末は猛吹雪のため、ここまでも辿り着くことができなかったのですが、今回は雪が締まって天候も良く、順調に到達することができました。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その7
三田原山からは大きく下って、黒沢池近くを登っていきます…とはいっても、この時期は池は隠れて、辺りは一面の大雪原!
なかなか爽快で、気持ちの良いところです。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その8
下りきった地点からの登り返し。
この辺りはもうトレースもなく、自分たちでラッセルしながらの進みとなりました。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その9
黒沢岳(くろさわだけ・2212.4m)と茶臼山(ちゃうすやま・2171m)の鞍部付近を越えたところ。
だんだんと夕暮れが近付いてきました。

妙高外輪山から高谷池ヒュッテへ・その10
それでも日没前には、今夜からの宿となる高谷池ヒュッテに到着。
ヒュッテの向こうには、焼山(やけやま・2400.3m)や火打山が大きな姿を見せていました。
この後はヒュッテ内で新潟の地酒を味わいつつ、明日からの行動について相談。
就寝時は小屋に備え付けの布団を使わせていただき、快適に一夜を過ごしたのでした。

2010年03月22日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。