--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年02月23日

暑かった!和気アルプス・竜王山。

またまた、岡山県の和気アルプスに行ってきました。

和気アルプス竜王山・その1
今回の登路は110mスラブからチンネを辿るもの。
上は和気中学校近くから見た和気アルプス。
左のアンテナに隠れた岩壁は鷲ノ巣岩で、右の細長く見える岩場が110mスラブです。

和気アルプス竜王山・その2
山の学校右手から沢筋を越えて取り付いた、110mスラブ。
傾斜は緩くて難なく登って行けますが、多少浮石があるので要注意。
(下りではちょっと怖く感じるかも?)

和気アルプス竜王山・その3
110mスラブの最上部には、鎖も下がっていました。
上部右手に見えてきたのはチンネです。

和気アルプス竜王山・その4
小テラスで休憩の後、チンネへと向かいます。
あまりの暑さに、仲間の一人は上半身Tシャツ1枚となりました。
いくら温かい瀬戸内側とはいえ、2月とは思えない陽気でした。

和気アルプス竜王山・その5
チンネのルートは、手前の岩峰を左から巻いて、チムニー状の段差を登り、奥の岩峰右側のバンドを辿って越えていきます。
若干登りにくく、要注意のポイントです。

和気アルプス竜王山・その6
チンネを越えた後はすぐに主稜線へと合流。
和気アルプス最高峰の神ノ上山(こうのうえやま・370.3m)まで足を運び、お昼ご飯としました。
その後は奥ノ峰を越えて涸沢峰まで縦走し、しばらく前まで植生保護のため入山自粛となっていた竜王山(りゅうおうやま・223.2m)経由の下山コースを選びました。
上の写真は、分岐点となる涸沢峰から見た竜王山です。

和気アルプス竜王山・その7
涸沢峰とのコルまで降り、登り返して辿り着いた竜王山の頂上。
白蛇を祀る祠が置かれていました。

和気アルプス竜王山・その8
竜王山からの下山路は二手に別れていたのですが、我々は小竜王を通過する愛宕尾根コースを選択。
気持ちの良い岩尾根が、眼下の街並みに延びていく爽快なコースでした。
途中で幻のピークと呼ばれる小ピークを過ぎてからは、猪避けの柵を2~3回通過して、由加神社のすぐ先へと降り立ちました。
しかし和気アルプスは、低山ながら本当に楽しいところです。
今回もショートコースではありますが、ちょっと緊張感のある、展望の優れたとても良いコースでした。
次は薬師山から奥ノ峰まで登り、槍ヶ峰経由で下山するコースを歩いてみたいと考えています。

参考リンク:
岡山のロックガーデン・和気アルプス

2010年02月23日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。