--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2007年01月21日

伯耆大山北壁・八合尾根に行ってきました。

今日は先日入会した、伯耆大山をホームグラウンドとする山岳会・岳獅会の山行に参加して、伯耆大山北壁・八合尾根を登攀してきました。

伯耆大山・八合尾根その1
元谷堰堤付近より、大山北壁の右隅を写した写真です。
赤線が今日登った、八合尾根のラインです。
沢を挟んで左側の、下部が3本に分かれている大きな岩稜が別山とそのバットレスになります。

伯耆大山・八合尾根その2
北壁右側の沢(八合沢?)の堰堤をいくつか越えた、どん詰まりが八合尾根の取り付きとなります。
今日は状態が良く、積雪も少なくてブッシュが出ていたため、特にロープを結ぶことなく登攀を開始しました。
(状態によってはロープを使った方が良いかも?)
尾根の下半分は、この写真のような傾斜の緩い雪壁と、ブッシュ帯が交互に現れます。
ブッシュの木登りは煩わしいですが、私の経験からするとそれ程ひどい方ではないと思いました。

伯耆大山・八合尾根その3
尾根の半分を越えると、この写真のようなナイフリッジ状の箇所が所々に現れます。
風の強い時は怖いでしょうが、今日は問題なく通過しました。

伯耆大山・八合尾根その4
頂上間近に、III-程度で10m強の小岩壁が現れました。
ルート中の核心部であり、我々はロープ無しで越えてしまいましたが、一般的には写真に写っている先行パーティのように、スタカットで登った方が無難でしょう。
ただし、満足な支点はとれないですが。

伯耆大山・八合尾根その5
核心の岩場を越すと、気持ちの良い雪稜を200~300mほどで、夏道登山コースの八合目付近に飛び出します。
今回は山頂は踏まずにそこから下山しましたが、それほど遠くないので余裕があれば弥山まで登ってくると気持ち良いのではないでしょうか。
下山は夏道コースを、グリセード気味に靴を滑らせながら一気に下降しました。

八合尾根は伯耆大山・北壁の入門コースとされていますが、確かにそんな感じでルートグレードは1級下~1級程度でしょう。
私の経験から同様なルートをあてはめると、八ヶ岳・赤岳東稜に近いような気がしますが、残念ながらスケールは半分程度かも知れません。
取り付く前はほとんど木登りではないかという予想でしたが、思ったよりも各種要素を持った良いルートだと感じました。

参考書籍:
日本登山体系 全10巻 新装復刊白水社
冬期クライミング白山書房

2007年01月21日 伯耆大山と周辺 コメント:2

また、雪の大山に登ってこられたんですね~~

私なんかは、すごいなぁ~~~といつも感心、尊敬してしまいますし、
登山を知らない私たちからすると、凄い人、凄い世界に思えます^^

きもとさんには、あたりまえの山行なんですね~~素人ですみませんmm

やはり、今年は、山の中の雪も少ないんでしょうか~~

私の田舎の同級生で、キリマンジェロと南米のアコンカグア?と海外の山に登った女友達がいるんです・・

前向きで、逞しく輝いていて、・・すごいなぁ~~って思っているんです^^

2007年01月22日 kiyomik URL 編集

昨日は、先日入会した米子にある山岳会の皆さんに誘われて、一緒に登ってきました。

私も5年ほど前までは、冬は毎週のように雪山に通っていたのですが、久しぶりなので実はちょっと怖いです。
山登りは、ブランクがあってから再開した人が、事故を起こしやすいと言われているので、気を付けて登るようにしたいと思ってます。

それとキリマンジャロやアコンカグアを登った同級生の方、凄いですねー。
私も外国の山は行きましたがちょっとだけ…。
またどこか行きたいけれど、外国はなかなか敷居が高くて、簡単には行けないです。

2007年01月22日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。