--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2010年01月30日

中央中国山地・比婆山。

スノーシューをはいて、中央中国山地の比婆山(ひばさん・1264m)に登ってきました。

比婆山・その1
登山口である県民の森公園センター。
今回我々の辿った御稜コースは、左手の林道に入っていくことになります。

比婆山・その2
キャンプ場を突き抜け、スキー場を右手に見送って少し進むと、林道右側に登山道入り口を示す道標が現れます。
しばらくは鬱蒼とした檜の植林帯を歩くのですが、雪の時期はトレースがないと若干迷いやすいところです。

比婆山・その3
七合目の道標を過ぎたところ。
前方が明るく開けてきて、広大なブナ林の一端が望めました。

比婆山・その4
しばらく進んだ辺りのミズナラ林。
明るく、気持ちの良いところです。

比婆山・その5
主稜線に出て、北西にわずかに進んだところに位置する比婆山頂上。
この辺りはブナ林ですが、ところどころにイチイの木も点在していました。

比婆山・その6
これは頂上で一緒になったおじさんがはいていた、手作りのワカンです。
お願いして写真を撮らせていただきました。

比婆山・その7
比婆山からは稜線をさらに北西に辿り、烏帽子山を目指しました。
これはその途中の左手に見えた、吾妻山(あづまやま・1238.8m)です。

比婆山・その8
烏帽子山頂上付近から振り返ると、今登ってきた比婆山が、大きく聳えていました。

比婆山・その9
さて烏帽子山からは北東方向の、出雲峠を目指して下っていきます。

比婆山・その10
意外と急な道を下って、辿り着いた出雲峠。
広々として気持ちの良いところです。
向こうに立つのは毛無山(けなしやま・1143.7m)。
先ほどの吾妻山と並んで、比婆山周辺では人気の山です。

さてこの後はなだらかな道を辿り、県民の森まで戻って公園センターで入浴し、米子へと帰りました。

ところで比婆山というと、思い出すのは怪獣“ヒバゴン”です。
私が小学生の頃に話題になった、比婆山に住むとされる、まあ雪男のようなものです。
よっぽど山深い、恐ろしいところに住んでいるのだろうと想像していたのですが…実際の比婆山は中国地方の人々の憩いの場となっている、恐ろしさとは無縁の明るい雰囲気のところだったのでした。

2010年01月30日 その他の山々 コメント:3

こんばんは(^^)
ご無沙汰しています。

比婆山を歩かれたのですね(*^_^*)
いつ来られたのですか?
雪が少なかったでしょう?
私は30日(土)に公園センター~牛曳山~三井野原スキー場を歩いてきました(^^)

2010年02月02日 ひめ URL 編集

ひめさん、おはようございます。
同じ日に公園センターにいたのですね。
私たちは、9時半頃にスタートしました。
雪は少なくて、1月とは思えない、3月頃の山のようでしたね。

ところで急なのですが、今週の金・土曜日に、妻と二人で広島に少しだけ旅行に行くことにしました。
広島市中区銀山町のコートホテルというところに泊まるのですが、近くに広島風お好み焼きの美味しいお店などありますでしょうか?
もしご存知だったらでかまいませんので、教えてください。
よろしくお願いします。

2010年02月03日 きもと URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010年02月03日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。