--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年12月25日

山岳大展望。

今日は明日からの仕事の場である、新潟県妙高山麓への移動日。
まずはJR米子駅から高速バスで大阪・梅田へ移動。
次はリムジンバスで伊丹空港へ向かい、そこからJALの飛行機に乗って新潟空港へ。
さらにリムジンバスでJR新潟駅に移動し、再度高速バスでJR高田駅へ移動。
今度は信越本線に乗ってJR新井駅まで行き、最後にタクシーで指定されたホテルに向かうという、少々ハードな1日となりました。
米子の自宅を出てから、ホテルにチェックインするまでの所要時間は、ちょうど13時間でした。

さて近頃は冬型の気圧配置がばっちり決まることが多く、日本海側の山々からは雪の便りが届く日が多いのですが、今日の天候は比較的穏やか。
伊丹から新潟に向かう飛行機の窓からは、北アルプスを中心とする、雪の山々の素晴らしい大展望が得られたのでした。

山岳大展望・その1
これは離陸してしばらく経った頃、琵琶湖を通過したやや先の辺りから見えた山です。
(ちょっと今は外出中で、手元に資料がなくて正確な山名は何とも言えません)

山岳大展望・その2
さらに進むと、見渡す限りどこまでも続く、たくさんの山々が現れてきました。

山岳大展望・その3
大きなダム湖と、その先の大きな白い山。
いったい何山かな??

山岳大展望・その4
さらに眼下には、なだらかだけれど真っ白な、大きな雪の山が姿を見せていました。

山岳大展望・その5
これはたぶん、右手が立山で中央やや奥が大日岳周辺だと思います。
(いつも見ないアングルのため、ちょっと自信がないです)

山岳大展望・その6
中央やや右上の山は、剣岳でしょう。
雪の剣岳をこうやって上空から見ることができるだなんて!
そうそう出合うことのないチャンスに巡り合えて、非常に嬉しい気持ちになりました。

山岳大展望・その7
そしてこの写真を斜めに横切る切れ込みは、黒部川だと思います。
なかなか深く鋭い切れ込みで、畏敬の念を覚えます。

山岳大展望・その8
続けて現れた右手前の白い山並みは、後立山の山々でしょう。

山岳大展望・その9
これはその後立山の一部分のアップ。
いったいどこかな??
右が白馬岳で左が杓子岳かな???
ちょっと今ひとつ、自信がありません。。

山岳大展望・その10
北アルプスを通過した後も、飛行機が日本海上に抜けるまで、まだまだ白い山並みは続きました。
冬の中部山岳は風雪に見舞われることが多く、なかなかその姿を見ることができないと思うのですが、今日は短い時間とはいえ上空から大展望を楽しむことができて、とても大満足の移動日となりました。

2009年12月25日 山々の写真 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。