--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年12月22日

赤十字救急法救急員養成講習会。

先日の積雪期ルートガイディング養成講習に引き続き、今度は21日、22日の2日間で、赤十字救急法の救急員養成講習会に参加してきました。

日本赤十字社千葉県支部
受講地はいろいろ迷った挙句、千葉にすることに。
鳥取でもやっていないわけではないのですが、実施されるのが年に1回だけなので、外出の多い私には受講はかなり難しい状況なのです。
今回は日本山岳ガイド協会の上記講習の翌日開催されるということで、千葉ならば行くことも不可能ではないと考え、申し込みをしたのでした。

さて講習の内容はというと…。
救急員養成講習会は、基礎講習で学ぶ心肺蘇生法をマスターした人が対象者ということで、傷病に対する概念を学んだ後はひたすら三角巾による応急処置法の練習となったのでした。
頭、手足、胸、お尻など、身体中のどこでも、三角巾があれば保護できるというのですが…2日間で覚えるのはなかなか難しい!ものだと思いました。
2日目の最後に検定が行われ、その結果で資格を発行するか否かが決められるそうですが、自分はどうかな??
たぶん合格だとは思うのですが、今のままではすぐに忘れてしまいそうです。
登山ガイドをするには必須と言って良い技術でもあるので、折をみて繰り返し練習し、しっかりマスターしたいものだと思いました。

2009年12月22日 登山の話題 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。