--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年11月03日

大雪の大山寺で野鳥観察会。

今日は鳥取県立大山自然歴史館が主催する、秋の野鳥観察会「ブナの森にすむ鳥たちと会おう」に、一般参加者として参加してきました。
ところが…。

野鳥観察会・その1
大荒れだった昨日から一夜明けた今朝の大山は、一面の雪に覆われていたのでした。
晴れの特異日である文化の日を山陰で過ごすのはこれで4度目なのですが、こんな大雪に見舞われたのは今年が初めてです。

野鳥観察会・その2
野鳥観察会は、予定より1時間半遅れのスタート。
自然歴史館の2階でレクチャーを受けたあと、参加者全員で双眼鏡片手に大神山神社方面へと歩き出しました。
しかし天候が良くなってきたのはありがたいことなのですが、鳥と融け落ちる雪とが区別できず、あんまり野鳥観察にふさわしいコンディションではありませんでした。

野鳥観察会・その3
これは大山寺やや上の、金門から写した大山北壁です。
真っ白な雪に覆われています。
この秋は雪が降る前に天狗沢を登りに行こうと思っていたのですが…こんなに早く降られるとは思いもしませんでした。

野鳥観察会・その4
本題である、鳥の写真も少し。
とは言っても、今回持参したのはコンパクトカメラなのでアップで写すのはちょっと無理。
その代わり、少なくとも2千羽はいるであろうという、アトリの大群が飛ぶ様子は、何とかカメラに収めることができました。

野鳥観察会・その5
これは中ノ原のスキー場です。
積雪は15cm以上はあるので、もう滑れるかも?しれません??

ところで今日目にすることができた鳥は、以下の通りです。
 ・ヒガラ
 ・ヤマガラ
 ・シジュウカラ
 ・ゴジュウカラ
 ・アトリ
 ・ハイタカ
 ・キジバト
 ・トビ
 ・ハシブトガラス
 ・ヒヨドリ
ハトやカラスを入れて10種類なので、ちょっと少なかったかな?
でも予想外の真冬のような天気に、鳥もびっくりして巣の中で様子を伺っているのかもしれません。

ところで参考までに、過去3年の11月3日・文化の日の様子をリンクしておきますので、ご覧になって比較してみてください。
2006年11月3日:伯耆大山・宝珠尾根から剣ヶ峰
2007年11月3日:伯耆大山・北壁・中ノ沢
2008年11月3日:伯耆大山・槍尾根(1405mピークまで)

2009年11月03日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。