--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年10月24日

秋の三鈷峰。

今日は久し振りで妻と一緒に、大山の一角に聳える三鈷峰(さんこほう・1516m)に登ってきました。

秋の三鈷峰・その1
大山寺の参道を過ぎて、大神山神社の急な階段を登っているところ。
少々風が強く、秋晴れの青空とはいきませんでしたが、それでも歩きやすいちょうど良いくらいの気温でした。

秋の三鈷峰・その2
下宝珠越を過ぎた辺りのブナ林。
黄色く色づいた葉っぱが、本当にきれいでした。
今年の5月の写真と比較してみてください)

秋の三鈷峰・その3
さらに上宝珠越に近付くと赤く色づいた葉っぱも目立つようになり、紅葉真っ盛りといった雰囲気でした。

秋の三鈷峰・その4
ユートピア小屋との分岐を左に入り、三鈷峰頂上に向けて登っているところです。
大勢の登山者がいたため、すれ違いが大変でした。

秋の三鈷峰・その5
これは砂滑りの様子。
一昨年と同様、砂礫の下からは万年雪の状態になっている雪渓が姿を覗かせていました。
なお砂滑りの砂が少ないようで、砂の斜面に降り立つ手前5mばかりが硬い地面が露出していて少々危険な状態です。
今後砂滑りを通過される方は、十分ご注意ください。

2009年10月24日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。