--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年10月16日

烏ヶ山へ。

今日は鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、鏡ヶ成の湿地帯と伯耆大山との間に聳える、烏ヶ山(からすがせん・1448m)に行ってきました。

烏ヶ山・その1
とは言いつつ、いきなりこんな写真ですみませんが…現在、烏ヶ山は登山道の一部が崩落しているため登山禁止の状態となっています。
(登山道に依存しない、雪山や沢登りで登る場合はこの限りではないと思います)
登山道を崩落させた地震からは9年が経過し、地盤も浮石も落ち着いてきてはいるものの、現状でも通行には不向きな状況となっています。
私は今回は大山自然歴史館から特別の依頼があって登ってきたのですが、一般の皆さんには、現時点では登山は自粛していただいた方が良い状況かと思いました。

そういうことで、今回は少しだけ写真をご紹介したいと思います。

烏ヶ山・その2
南峰上から見た、烏ヶ山頂上。
ナナカマドの実が綺麗でした。
山頂左奥に見える岩肌は、大山南壁です。

烏ヶ山・その3
烏ヶ山頂上です。
標識は色褪せて判読不明。
現在ではほとんど登る人もいないであろう、ひっそりとした山頂でした。

<お知らせ>
今回撮影した動植物の写真は、大山自然歴史館にお渡ししています。
もしかしたらホームページのどこかに使用されているかも?しれませんので、ぜひご覧になってみてください。


関連リンク:鳥取県立大山自然歴史館

2009年10月16日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。