--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年09月19日

穂高に入山。

今日は、プライベートでは約1年半振りに、北アルプスの穂高連峰に向かいました。

穂高に入山・その1
夜間に車を走らせ、早朝に上高地、そこから徒歩で9時過ぎには横尾に到着。
テントを張って少し昼寝をした後、明日登る予定の、前穂高岳北尾根の末端に広がる、屏風岩の偵察に行くことにしました。
写真はアプローチとなる横尾谷の渡渉点の目印となる、“岩小屋跡”の道標です。

穂高に入山・その2
岩小屋跡から、横尾谷の河原に降りたところ。
奥に見えるのが、屏風岩基部へと続く1ルンゼ押出しです。
渡渉はここよりも少し上流の地点から。
流れの浅い所を選んで進むと大岩の間にフィックスロープが張られていて、足を濡らすことなく渡ることが可能でした。

穂高に入山・その3
1ルンゼ押出しを少し登った地点から見上げた屏風岩。
右半分のブッシュの目立つ部分が中央壁、中央の浅い凹角が東壁ルンゼ、その間の浅いリッジ状が明日登る予定の東稜です。
久し振りの大きな岩壁ですが、明日は天気も上々の予報。
気持ち良く登れるのではないかという、期待が膨らんできました。

今回、私は東京のClimbing Club ZOOの仲間と入山したのですが、夕方には、同じく明日屏風岩を登る、鳥取県の岳獅会のメンバーも合流。
ひと昔前の“合宿登山”をしているような雰囲気で、嬉しくなってきてしまいました。

2009年09月19日 その他の山々 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。