--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年09月11日

擬宝珠山と象山へ。

今日は鳥取県立大山自然歴史館のボランティア(山岳情報スタッフ)の仕事で、鏡ヶ成の湿地帯を取り囲む擬宝珠山(ぎぼしやま・1110m)と象山(ぞうやま・1085.3m)に行ってきました。

擬宝珠山と象山・その1
鏡ヶ成から見上げた擬宝珠山。
手前の草地は、何とグラウンドゴルフのコースです。
せっかくの貴重な湿地帯に何でこんなものを…と思うのですが、一般観光客というものは、こういうものを求めているのかも?しれません。

擬宝珠山と象山・その2
これは擬宝珠山側から見た象山です。
一旦鞍部まで下降して、そこからジグザグの急坂を登っていきます。

擬宝珠山と象山・その3
象山の日当たりの良い斜面にはマツムシソウがたくさん咲いていて、1匹のアゲハチョウが、美味しそうに蜜を吸っていました。

擬宝珠山と象山・その4
遠くに見えるのは烏ヶ山(からすがせん・1448m)。
ススキがあちこちに生い茂って、秋の雰囲気が強く感じられた今回の山行でした。

2009年09月11日 伯耆大山と周辺 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。