--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年09月06日

別山尾根から剣岳往復。

昨日の続きです。
素晴らしい夕焼けから予測できた通り、今朝は最高の青空が頭上に広がっていました。

別山尾根から剣岳往復・その1
剣御前小屋を出て、まずは剣沢小屋へ移動し、不要な荷物をデポ。
剣沢小屋の正面には、これから登る剣岳(つるぎだけ・2999m)が雄々しい姿で聳え立っていました。

別山尾根から剣岳往復・その2
コースはまず、剣山荘前を経てしばらく登り、一服剣へと進みます。
一服剣からは前方に前剣が覆いかぶさっているため、剣岳本峰は見えません。
次に登る前剣は、写真中央やや右の大岩の左側を進んでいきます。

別山尾根から剣岳往復・その3
前剣の次の小岩峰には、短い橋を渡って取り付きます。
そこからは鎖を伝って右から巻くのですが、ここいら辺は大変に事故の多い所。
お客様にも注意を促し、慎重に通過しました。

別山尾根から剣岳往復・その4
これは平蔵ノ頭近くの岩峰。
鎖と足場用の杭を使って、慎重に登っていきます。

別山尾根から剣岳往復・その5
そしていよいよ、核心部である“カニノタテバイ”へ。

別山尾根から剣岳往復・その6
カニノタテバイは登り始めと、最上部のバンド直下がやや難しく感じます。
写真はお客様全員が通過し終わった後に、スタッフがそのバンド直下を登っているところです。

別山尾根から剣岳往復・その7
カニノタテバイからしばらくガレた登山道を歩くと、やっと待望の剣岳頂上となりました。

別山尾根から剣岳往復・その8
これは剣岳頂上から見た、八ツ峰の写真です。
私にとってはいろいろと思い出深い場所です。

別山尾根から剣岳往復・その9
剣岳の下りの核心は、頂上近くの“カニノヨコバイ”と呼ばれる鎖場のトラバース。
けっこう難しいとされるこの鎖場ですが、最初の一歩を外側に踏み出して降りていけば、思いの外簡単に通過することができます。

別山尾根から剣岳往復・その10
平蔵ノ頭、前剣と下って一服剣の辺りまで来ると一安心。
眼下には右手に剣山荘、そして左手の剣沢右岸には、今夜の宿である剣沢小屋の屋根が見えてきました。
日本百名山の中でも1、2を争う難峰とされる剣岳を無事に登ることができて、今日は本当に充実した1日となりました。

2009年09月06日 ガイド コメント:2

きもとさん、こんにちは。
kinkachoの記憶では、カニのタテバイ、ヨコバイはさほど難しくはなかったけれど、一服剣、前剣の岩場がとてもしんどかった。
ピーカンだったので、暑さでヘロヘロになりました。

2009年09月15日 kinkacho URL 編集

kinkachoさん、こんばんは。
前剣は、確かに登り応えがありますね。
下りでもなかなか歩きにくいところで、今回もかなり神経を使った区間でした。

2009年09月15日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。