--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 コメント:-

2009年08月07日

雲ノ平と高天原。

昨日の続きです。
太郎平小屋を出た我々は、雲ノ平を経由して高天原山荘に向かいました。

薬師沢
太郎兵衛平から下った地点の、薬師沢。
ここから雲ノ平までは、登りにくい石だらけの急坂が続きます。

雲ノ平
やっと辿り着いた雲ノ平。
しかし雨とガスでほとんど展望がなくてがっかり…。

高天原山荘
続けて高天原峠を経て、高天原山荘へ。
この一帯は、北アルプスでも最も奥深い場所に位置しています。

高天原山荘前の池
高天原山荘前には、気持ちの良い雰囲気の池がありました。

高天ヶ原温泉
そしてこちらは、小屋から15ほど離れた場所にある温泉です。
今日は午後から豪雨となりましたが、お客様は温泉に浸かって疲れを癒していました。
しかし私は、雨の影響を極力かわすため、翌日からのコースを大幅に変更すべく知恵を絞ることになり、結局温泉には入らずじまいでした。

2009年08月07日 ガイド コメント:1

kinkachoさん、こんばんは。
スパムコメントを削除する際に、間違って一緒に削除してしまったみたいです。
せっかくいただいたコメントなのにすみません。。
ところで雲ノ平は、富山朝発ならば折立、太郎兵衛平経由で初日は薬師沢まで。
翌日は2~3時間の急登でアラスカ庭園まで行くことが可能です。
その日はゆっくり散策を楽しんで、雲ノ平山荘に泊まったとしても、翌日に富山まで戻ることも無理ではないでしょう。
従って富山基点で雲ノ平のみならば、2泊3日でも十分行ってこれると思います。
もし行かれるならば、ちょうど草紅葉の美しい時期でしょうね。
今回は私は全く景色が見れなかったので、ぜひ楽しんできてください。

2009年08月13日 きもと URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。